ホーム テクノロジー セキュリティ WordPress のセキュリティにとってバックアップがなぜそれほど重要なのでしょうか?

WordPress のセキュリティにとってバックアップがなぜそれほど重要なのでしょうか?


Web サイトのバックアップ – なぜそれほど重要なのでしょうか?

WordPress を使用した Web サイトを常に安全かつ運用可能な状態に保つために何をしていますか?

WordPress コアとプラグイン/テーマを定期的に更新し、信頼できるプラグインとテーマのみをインストールするとします。それは間違いなく良いことですが、問題は、それで十分なのかということです。

サイトを保護するためにセキュリティ対策を実装しているかもしれませんが、Web サイトのデータは依然として脆弱である可能性があります。ハッカーがビジネス データを盗んだり、悪意のないコーディングミスによりサイトがダウンしたりするリスクは常に蔓延しています。

ここで適切なバックアップが役に立ちます。優れたバックアップ ソリューションでは、最新のデータのコピーを作成して安全に保存し、予期せぬイベントが発生した場合に迅速に復元できるようにします。

この記事では、Web サイトのバックアップが必要な理由、利用可能なバックアップの種類、および各バックアップ ツールに必要な機能について説明します。

あなたのビジネスにウェブサイトのバックアップが必要な理由は何ですか?

ビジネスとしては、たとえ 1 日であっても Web サイトのデータを失うわけにはいきません。大規模なデータ損失は、次のようなさまざまな理由で発生する可能性があります。

ヒューマンエラー

一見無害に見える人的ミスでも、サイトがクラッシュし、データが失われる可能性があります。 Web サイトの定期的なバックアップは、このようなデータ損失からビジネスを迅速に回復し、業務を軌道に戻すのに役立ちます。

ウェブサイトのハッキング

近年、サイバー犯罪者はデータ侵害を実行し、顧客記録、支払い取引、データベース記録などの重要なビジネスデータを損失させることに成功しています。ハッキングが成功した場合、時間を無駄にすることなくこの重要なデータを回復し、Web サイトを復元することが優先されます。マルウェアを削除するサービスは数多くありますが、適切なバックアップ戦略が命を救う可能性があります。

自然災害

ビジネス インフラストラクチャの地理的位置によっては、洪水やサイクロンなどの自然災害により、ホスティング システムに重大な損害が発生し、ビジネス データが失われる可能性があります。この場合、別の国または地理的な場所にあるストレージ システムに保存されているバックアップを使用して、サイトを簡単に復元できます。

サーバーのクラッシュまたは障害

データ損失は、Web サイトのクラッシュやサーバーの障害によっても発生する可能性があります。バックアップ システムは、バックアップ データを独立したシステムまたはクラウドベースのシステムに保存でき、サーバーの障害やクラッシュの影響を受けません。

失敗したアップデート

WordPress アップデートは、セキュリティを向上させ、新しい機能を利用するために定期的にリリースされます。これには通常、WordPress のメイン バージョンまたはインストールされている各プラグイン/テーマの更新が含まれます。ただし、場合によっては、更新プロセスによりビジネス サイトが破損したりクラッシュしたりする可能性があります。

WordPress バックアップの種類

市場では複数の種類の WordPress バックアップが入手可能です。それぞれのタイプを評価してみましょう。

Web ホストプロバイダーからのバックアップ

ほとんどの WordPress Web ホストプロバイダーには、ホスティング パッケージにバックアップが含まれています。 Web ホストプロバイダーが提供する信頼性の高いバックアップ ソリューションにより、Web サイト所有者は自分でバックアップを行う必要がなく、データの損失を心配する必要もありません。ホスティング プランで提供しているバックアップ サービスについては、現在の Web ホスト プロバイダーに確認してください。

ただし、この場合、バックアップをいつ、どのように取得し、どこに保存するかをほとんど制御できません。

手動バックアップ

技術的なノウハウや専門知識をお持ちの場合は、サイトを自分で手動でバックアップできます。 FileZilla や phpMyAdmin ツールなどの FTP ツールを使用して、WordPress ファイルとデータベース レコードの手動バックアップを実行できます。

他の種類のバックアップと比較すると、手動バックアップは長くて時間のかかるプロセスです。バックアップ プロセス中に発生する可能性のある問題のトラブルシューティングと解決が必要になる場合もあります。

プラグインを使用した自動バックアップ

プラグインを使用した自動バックアップは、Web サイトのバックアップを作成する最も速くて便利な方法です。これは、Web ホスト プロバイダーに依存したくない場合、または手動バックアップを実行する技術スキルがない場合に特に便利です。 WordPress バックアップ プラグインはインストールが簡単で、新規または初心者の WordPress ユーザーでも実行できます。

WordPress プラグインを使用してバックアップを自動化することが最善の選択肢です。バックアップ プラグインが提供する必要がある機能を評価してみましょう。

すべての WordPress バックアップ プラグインに必要な機能

選択するバックアップ ソリューションはどれも包括的である必要があります。つまり、Web サイトのファイルとデータベース レコードの両方のバックアップを取得する必要があります。これにより、障害が発生した Web サイトを復元する必要がある場合に、完全なバックアップ パッケージを確実に入手できます。

それとは別に、すべてのバックアップ プラグインが備えなければならない機能のリストは次のとおりです。

独立したオフサイトストレージ

これは簡単です。

バックアップは、サイトの影響を受けないように、独立した別の場所に保存する必要があります。クライアントの Web サーバーにバックアップを保存するプラグインは、既存のストレージ容量を減らし、バックアップを外部の脅威にさらすことになります。

増分バックアップ

Web サイト全体のデータを毎日バックアップすると、Web サーバーのリソースと帯域幅を利用することになり、Web サーバーに多大な負荷がかかる可能性があります。バックアップはサーバーに非常に負荷がかかるプロセスであるため、定期的なバックアップはサーバーのパフォーマンスとバックアップの保存に使用できるスペースに影響を与える可能性があります。

増分バックアップでは、データをより小さく管理しやすいデータ チャンクに分割し、既存のバックアップに同期することで、バックアップ プロセスを最適化します。 Web サイト全体が毎回同期されるわけではありません。代わりに、最初のバックアップの後は、増分変更のみが同期されます。このプロセスにより、Web サーバーの過負荷が防止され、大規模な Web サイトでも効果的に使用できます。

複数のバックアップ

バックアップ ツールは、オフサイトの保管場所を使用することに加えて、安全性を最大限に高めるために、複数の場所に保管できる複数のバックアップ バージョンを提供する必要があります。バックアップ ツールは、専用サーバーまたは外部のクラウドベースのストレージ (Google Drive や Dropbox など) を提供し、そこから任意のバックアップ バージョンを簡単にダウンロードして復元できます。

さらに、ハッカーが Web サイトへの侵入にバックアップを使用できないように、バックアップも暗号化する必要があります。

簡単な復元またはリカバリ

バックアップ プラグインは、WordPress Web サイトにバックアップを復元するための信頼性が高く便利なモードも提供する必要があります。すぐに復元できないバックアップは、そもそもバックアップを実行する目的そのものを無効にしてしまいます。

バックアップテスト

Web サイトのファイルと同様に、バックアップ ファイルも破損する可能性があります。また、重要な情報が欠落している可能性もあります。破損したバックアップをライブ WordPress Web サイトに復元すると、さらに複雑な問題や非互換性の問題が発生する可能性があります。したがって、安全対策として、まず既存のバックアップをテストして、復元しても安全かどうかを確認することをお勧めします。

たとえば、BlogVault はバックアップ テスト リストア機能を提供しており、テスト サーバー上でバックアップ バージョンの正確なコピーを作成してテストできます。

スケジュールされたバックアップとオンデマンドのバックアップ

スケジュールされたバックアップは、人間の介入を必要としない自動バックアップ プロセスです。 Web サイトのニーズに応じて、一定の間隔 (毎日、毎週、または毎月) でスケジュールできます。さらに、バックアップ プラグインは、いつでも実行できるオンデマンド バックアップを提供する必要があります。

ウェブサイトのステージング

新しいプラグインやテーマをインストールしたり、新しいアップデートを適用したりすることは、場合によっては危険を伴う可能性があります。ライブ Web サイトがクラッシュする可能性があります。これを回避する最善の方法は、Web サイトのステージングです。ステージング環境を使用すると、ライブ Web サイトの複製を作成し、ライブ Web サイトに影響を与えることなく、その複製に対するすべての変更/更新をテストできます。

一部のバックアップ プラグインには、変更をライブ Web サイトにマージする前に変更をテストできる「Web サイト ステージング」機能が組み込まれています。 Web ホストを通じてステージング サイトを作成したり、ステージング環境を手動で作成したりすることもできます。

ウェブサイトの移行

WordPress Web サイトを別の Web ドメインまたは別の Web ホストに移行することは、非常に複雑になる場合があります。さらに、移行を開始する前に、すべての WordPress ファイルのバックアップを作成する必要があります。

バックアップ プラグインを使用すると、WordPress Web サイトを別の Web ホストにスムーズに移行できます。たとえば、BlogVault を使用すると、 サイトを別のホストに簡単に移行できます。

WooCommerce のリアルタイム バックアップ

WooCommerce Web サイトにとって定期的なバックアップは非常に重要です。ただし、他のビジネス Web サイトとは異なり、WooCommerce サイトでは Web サイトのダウンタイムや、顧客の注文が 1 つ失われることさえ許されません。したがって、WooCommerce Web サイトでは、オンライン取引や変更が発生するたびにリアルタイム バックアップを実行することをお勧めします。

ユーザーフレンドリーなエクスペリエンス

技術的な専門知識が必要な手動バックアップとは異なり、バックアップ プラグインは初心者ユーザーにとって使いやすく、簡単に使用できる必要があります。これは基本的に、いくつかの簡単な手順で完全なバックアップまたは復元を実行できなければならないことを意味します。

ほとんどのバックアップ ツールには、独立した直感的なダッシュボードがあり、ユーザーは技術的な支援なしでログインしてバックアップ関連タスクのほとんどを自分で実行できます。さらに、独立したダッシュボードにより、Web サーバーや Web サイトがダウンしている場合でもバックアップに簡単にアクセスできます。

結論

定期的にバックアップを取ることは、WordPress のセキュリティにとって非常に重要です。バックアップ関連の要件をすべて満たす適切なバックアップ プラグインを選択することは、ビジネスにとって同様に重要です。

この記事では、すべての WordPress バックアップ ツールに必須の重要な機能を強調しました。複数のバックアップやスケジュールされたバックアップなどの機能により、Web サイトのデータが決して失われることがなく、増分バックアップやオフサイト ストレージなどの機能により、Web サイトのパフォーマンスに悪影響が及ぶことはありません。

Web サイトのニーズを詳しく検討し、信頼できるバックアップ プラグインに今すぐ投資することを強くお勧めします。

「 WordPress のセキュリティにとってバックアップがなぜそれほど重要なのでしょうか?」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

WordPressはセキュリティに弱いってホント!?知って備える4つのセキュリティ対策!
【ハッカーに狙われてる?】WordPressで必須のセキュリティ対策7選を実演解説