ホーム テクノロジー テスト管理 ソフトウェアテストにおけるバグ、欠陥、エラー、失敗、障害の違い

ソフトウェアテストにおけるバグ、欠陥、エラー、失敗、障害の違い


ソフトウェア テストは、期待される結果と実際の結果の間の差異であるバグ、エラー、欠陥、障害、障害を特定するプロセスです。

ソフトウェアを手動でテストする場合でも、自動化された手順でテストする場合でも、コーディングの問題を特定するときにこれらの用語が浮上します。

また、ソフトウェアの欠陥、要件の欠落、またはエラーを特定することで、ソフトウェアを完璧でユーザーにとって高品質なものにすることができます。

こうすることで、問題やパフォーマンスや機能の低下なしにソフトウェアを簡単に使用できるため、より良いユーザー エクスペリエンスに対応できます。

この記事では、バグ、エラー、欠陥、障害、失敗とは何なのか、またその定義、種類、例、理由、焦点、その他のパラメーターに基づいてこれらの用語の違いについて説明します。

はじめましょう!

バグとは何ですか?

バグはソフトウェア開発で広く使用される用語です。しかし、それは歓迎的なものではありません。これは、ユーザーが予期しない、または開発者が意図しない別の方法でソフトウェアを動作させる可能性がある問題またはエラーとして説明されます。

バグは、簡単に管理できる小さな問題から、アプリケーションが使用できなくなる大きな問題まで、ソフトウェアのパフォーマンスに広範囲の影響を与えます。ただし、どちらの場合も、ユーザーに質の高いエクスペリエンスを提供し、信頼を築くためには、バグにすぐに対処して修正する必要があります。

バグ
バグ

一般に、重大なバグは、特にユーザーの不満を招くリスクがある場合、優先順位が高く緊急なものとして扱われます。機能やパフォーマンスに影響を与える可能性のあるバグは数多くありますが、最も一般的なタイプのバグはクラッシュです。これは、ソフトウェアがユーザーの期待どおりに動作しなくなり、使用中に自動的にシャットダウンされることを意味します。

たとえば、ユーザーがワープロ ソフトウェアでレポートや記事を書いているときに突然クラッシュした場合、事前に保存ボタンを押さなかった場合、ユーザーはすべての作業を失うことになります。これはユーザーの生産性に悪影響を及ぼします。

タイプミスもバグであり、小さな問題に見えますが、悲惨な結果を引き起こす可能性があります。数字が間違っていたり、文字が間違っていたりした場合でも、プログラムの意図した機能が大幅に変更される可能性があります。

さらに、ソフトウェアのバグにより、組織がユーザーと対話したり、潜在顧客を獲得したり、購入を促進したりする能力が損なわれます。したがって、できるだけ早く根絶しなければなりません。

欠陥とは何ですか?

ソフトウェアテストにおける欠陥とは、ユーザーまたはビジネス要件からのソフトウェアの逸脱または変動を指します。これは、プログラム全体に影響を与える可能性のあるアプリケーション コーディングの問題です。テスト チームは、さまざまなテスト ケースを実行しているときに欠陥に遭遇します。

製品の欠陥は、アプリケーションが非効率で基準を満たせないことを示し、ソフトウェアが目的の作業を実行できなくなることを意味します。これらは、開発者によるソフトウェア開発サイクル中に発生します。プログラマーや開発者が開発段階で軽微または重大な間違いを犯した場合、欠陥が発生する可能性があります。

欠陥
欠陥

そうですね、バグと欠陥にはほとんど違いがありません。ソフトウェア業界では、どちらも展開の直前に修正する必要がある障害とみなされます。ソフトウェア開発サイクル中に遭遇する可能性のある欠陥には、さまざまな種類があります。それらは次のとおりです。

算術上の欠陥

算術欠陥には、算術式の欠陥、またはプログラム内の一部の算術式に対する解決策の発見が含まれます。これらの間違いは主に、ソフトウェアに取り組んでいる開発者の知識不足や過剰な作業が原因で発生します。コードの輻輳は、開発者がコードを正しく観察できない場合に算術欠陥を引き起こす原因にもなります。

構文の欠陥

構文上の欠陥は、コードの作成中によくあるタイプの間違いです。構文内の軽微なエラーも表示されます。これは、開発者またはプログラマが C++ でコードを作成しているときに、プログラム内のセミコロン (;) などの記号を誤ってエスケープした場合に発生します。

論理的欠陥

論理的欠陥
論理的欠陥

論理的な欠陥は、コードの実装中に問題になります。プログラマーが解決策について間違って考えたり、要件を明確に理解していない場合、これらの欠陥が発生します。また、開発者が特殊なケースを忘れた場合にも発生します。これはアプリケーションのコアに関係します。

パフォーマンス上の欠陥

ソフトウェア アプリケーションまたはシステムが期待された結果を満たせない場合、それはパフォーマンスの欠陥と呼ばれます。これには、さまざまな負荷での使用中のアプリケーションの応答が含まれます。

マルチスレッドの欠陥

マルチスレッドの問題は、複数のタスクを同時に実行または実行するときに発生します。これにより、複雑なデバッグが発生する可能性があります。マルチスレッド プロセス中に、デッドロックやスタベーションが発生し、システムの障害が発生する可能性があります。

インターフェースの欠陥

インターフェイスの欠陥は、ユーザーとソフトウェアの対話中に発生する欠陥です。これには、複雑なインターフェイス、プラットフォームベースのインターフェイス、または不明瞭なインターフェイスが含まれます。これらの欠陥により、ユーザーはソフトウェアを容易に利用できなくなります。

エラーとは何ですか?

エラー
エラー

エラーとは、アプリケーション開発者側の誤解、誤解、間違いのことです。プログラマーや開発者は、符号表記を誤解したり、間違ったスペルを入力したりして、プログラミング コードにエラーが発生することがあります。

これは、エンドユーザー エクスペリエンスに大きな影響を与える可能性のある、間違ったロジック、構文、またはループによって生成されます。基本的に、誤差は期待される結果と実際の結果を区別することによって計算されます。プログラム内でそのようなシナリオが発生すると、アプリケーションの機能が変更され、顧客の不満につながります。

エラーはいくつかの理由で発生しますが、アプリケーション コードに問題が発生します。それは、設計上の問題、コーディング上の問題、またはシステム仕様上の問題である可能性があります。不良品とは少し異なります。

エラー
エラー

機能性はソフトウェアの主要な基準ですが、何かがぎこちない、不可能、混乱する、または難しい場合に、ソフトウェアが機能エラーを引き起こすことがあります。エラーの種類は次のとおりです。

  • アプリケーションからユーザーへの通信中に通信エラーが発生する可能性があります。たとえば、ソフトウェアにはメニューが提供されておらず、ヘルプの説明もなく、保存ボタンもありません。
  • コマンド欠落エラーも、入力速度の遅さや期限の短さなどが原因で、プログラマーの間でよく見られるエラーです。いくつかのコマンドが欠落している場合、プログラムの出力は異なります。
  • 文法的に間違った文章や単語のスペルミスは、あらゆるアプリケーション コードで見られる一般的なエラーです。エラーが有意義かつ透過的な方法で処理されると、テスト中にエラーを減らすことができます。
  • 計算エラーは、コーディング エラー、不正なロジック、不正な数式、関数呼び出しの問題、データ型の不一致などによって発生します。

失敗とは何ですか?

場合によっては、プログラムの実行中にシステムが予期しない結果を生成し、アプリケーションの障害につながる可能性があります。特定の状況や環境では、欠陥が失敗の原因となる場合がありますが、その理由が異なる場合もあります。

すべての欠陥が故障につながるわけではありません。たとえば、デッドコードの欠陥は障害にはなりません。他の原因によって引き起こされることもあります。さらに、多くの場合、強い磁場、汚染、電場、放射線バーストなどの環境条件により、ファームウェアやハードウェアに障害が発生する可能性があります。

失敗とは何か
失敗とは何か

ソフトウェアの操作中に人的エラーが原因で障害が発生することもあります。たとえば、人間が間違った入力値を入力すると、ソフトウェアの障害が発生する可能性があります。しかし、個人が意図的にシステムに障害を引き起こすこともあります。

ソフトウェアの障害に関しては、理解しておくべき重要な点がいくつかあります。

  • ソフトウェアのテスト中に、テスト担当者が特定の状況が障害であるかどうか確信が持てない場合、それをインシデントと呼ぶことがあります。このインシデントでは、欠陥が障害の原因であるか、無効な入力、不利な環境、機能に関する知識の欠如などの他の理由であるかを確認するために、さらなるテストが必要です。

これらのインシデントは報告され、開発者に送信され、開発者がインシデントを分析して失敗の理由を確認できるようになります。

  • 失敗とは、ソフトウェアの製造段階の後に起こる用語です。ソフトウェアの品質を判断するには、導入前に適切にチェックする必要があります。品質は顧客の信頼を高め、ビジネスの向上につながるため最も重要です。

ただし、アプリケーションで障害を特定できるのは、障害のある部分が実行された場合のみです。欠陥のある部分がまったく実行されていない場合、その部分が障害を引き起こすことはありません。

故障とは何ですか?

故障
故障

障害とは、アプリケーション プログラムによる意図しない動作または不正な動作です。プログラム内で警告が発生します。未処理のままにしておくと、デプロイされたコードの動作に障害が発生する可能性があります。アプリケーション コードのさまざまなコンポーネントが相互に依存している場合、複数のコンポーネントで問題を引き起こす可能性のある障害が障害となります。

軽微な障害により、ハイエンドのエラーが発生する可能性があります。この障害は、プログラミング技術、開発方法論、ピアレビュー、およびコード分析を採用することで防ぐことができます。

ソフトウェア テストにおけるさまざまなタイプの障害を次に示します。

  • アルゴリズム障害:コンポーネントのロジックまたはアルゴリズムが、処理ステップが間違っているために、指定された入力に対して明確な結果を提供できない場合に発生します。ただし、ディスクチェックを行うことで簡単に防ぐことができます。
  • 構文エラー:コード内で間違った構文を使用すると発生します。構文エラーが 1 つあると、出力がゼロになったり、失敗したりする可能性があります。
  • 計算障害:ディスクの実装が間違っているか、目的の結果を計算できない場合に発生します。たとえば、浮動小数点変数と整数変数を組み合わせると、予期しない結果が生じる可能性があります。
計算上の欠陥
計算上の欠陥
  • タイミング フォールト:プログラムが失敗した後にアプリケーションが応答しない場合、それはタイミング フォールトと呼ばれます。
  • ドキュメントの欠陥:適切なドキュメントには、プログラムが実際に何を行うかが記載されています。ドキュメント違反は、プログラムがドキュメントと一致しない場合に発生します。
  • 過負荷エラー:開発者は、プログラム内のメモリ目的でキュー、スタック、配列などのデータ構造を使用します。ユーザーがメモリをいっぱいにして容量を超えて使用すると、過負荷障害が発生します。
  • ハードウェア障害:指定されたハードウェアが目的のソフトウェアに対して適切に動作しない場合、このタイプの障害が発生します。
  • ソフトウェア障害:指定されたソフトウェアが動作できない、またはプラットフォームやオペレーティング システムをサポートできない場合、このタイプの障害が発生します。
  • 省略フォルト:プログラム内で重要な要素が間違って配置されているか欠落している場合、省略フォルトが発生します。たとえば、変数の初期化は開始時点では行われません。
  • コミッションフォルト:式ステートメントが間違っている場合、コミッションフォルトが発生します。たとえば、整数は float で初期化されます。
ソフトウェア障害
ソフトウェア障害

ただし、適切な手法を実装すると、プログラムの障害を簡単に回避できます。これらの技術と手順は、目的のソフトウェアとハ​​ードウェアの仕様、プログラミング言語、アルゴリズムなどに合わせる必要があります。

なぜ人々はこれらの用語を混同するのでしょうか?

バグ、欠陥、エラー、障害、障害は、一般的な用語として同義語としてよく使用されます。ただし、ソフトウェアのテストには動作に応じた違いがあります。

エラーとは、開発者が犯したミスです。開発サイクル中に発見された欠陥はエラーと呼ばれます。バグとは、テスト サイクル中に発見される欠陥です。プログラムが基準を満たさない場合、失敗と呼ばれます。障害は失敗の原因です。

人々を混乱させる
人々を混乱させる

ただし、これらの用語は、コード内の問題を定義するために別の方法で使用されます。

実際の例を使用してこれらの用語を理解しましょう。

車が故障し、整備士に持っていくところを想像してみてください。あなたは車が動かないと苦情を言います(ユーザーが故障を報告しました)。整備士は車を検査し、問題(欠陥)を特定します。問題(エラー)は、ドライバーがガソリンエンジンにディーゼルを入れたことでした(テスターが故障を特定しました) – それはユーザーの責任でした。

バグ vs. 欠陥 vs. エラー vs. 障害 vs. 障害: 違い

これらの用語についてある程度理解できたところで、ソフトウェア テストにおけるこれらの用語の主な違いをいくつか理解してみましょう。

#1.意味

バグとは、ソフトウェアが期待どおりに動作しないことを示す欠陥を指します。欠陥とは、期待される出力と実際の出力との間の偏差です。エラーとは、コンパイルと実行が失敗するために開発者がコードの作成中に行う問題または間違いです。

障害とは、さまざまな欠陥が組み合わさってハードウェアおよびソフトウェアの障害が発生し、システムが応答しなくなることです。障害とは、ソフトウェアの障害を引き起こし、意図したタスクの実行を妨げるものです。

バグ対エラー対欠陥-1
バグ対エラー対欠陥-1

#2.他の種類

バグの種類には、論理バグ、リソース バグ、アルゴリズム バグがあります。欠陥は、重大、軽度、重大、軽微に分類されます。エラーの種類には、構文エラー、UI 画面エラー、フロー制御エラー、ハードウェア エラー、計算エラーなどがあります。障害の種類には、ビジネス ロジック障害、論理障害、機能障害、GUI 障害、セキュリティ障害、ハードウェア障害などがあります。

#3.育ての親

テストエンジニアによってバグが発生しました。欠陥はテスト エンジニアによって特定され、プログラマーまたは開発者によって解決されます。自動化テストのエンジニアと開発者はエラーを報告します。テスターは開発段階で障害を発見します。ユーザーは欠点を見つけます。

#4.理由

このバグは、ロジックの欠落、冗長コード、および誤ったロジックが原因で発生します。不具合は、入力ミスや対処ミスなどが原因で発生します。エラーは、コード エラー、実行不能、コード ロジックのあいまいさ、設計の欠陥、論理エラーなどが原因で発生します。障害は、システム エラー、人的エラー、環境変数が原因で発生します。障害は、間違った設計、不規則なロジックなどによって発生します。

#5それらを防ぐ方法

防ぐ
防ぐ

バグを防ぐには、テスト駆動開発を実装し、強化されたコード開発プラクティスを調整するなどの必要があります。欠陥を防ぐには、すぐに使えるプログラミング方法を実装し、正しい基本的なソフトウェア コーディング手法を使用する必要があります。

エラーを防ぐには、ピアレビューを実施し、バグ修正を検証し、アプリケーションの全体的な品質を向上させる必要があります。失敗を防ぐには、プロセスの再テストを確認し、要件を確認し、問題を分類し、エラーを評価する必要があります。

障害を防ぐには、ドキュメントを確認し、アプリケーションの設計とコーディングが正しいことを確認する必要があります。

結論

バグ、欠陥、エラー、障害、および障害は、アプリケーションのさまざまな部分に影響を与え、その使用に多大な影響を与えます。これらはソフトウェアのパフォーマンスと優れた性能を低下させ、顧客の不満を引き起こします。

したがって、ソフトウェアが最適に動作し、その需要が市場のトップを維持できるように、ソフトウェア プロジェクトではこれらの問題を直ちに防止する必要があります。

ソフトウェア テスト ツールの一部も参照してください。

「ソフトウェアテストにおけるバグ、欠陥、エラー、失敗、障害の違い」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

欠陥 バグ エラー 失敗 – ソフトウェアテストの違い
【品質UP】テストとバグ修正方法!アプリのバグが再現しない時どうすればいいですか?