ホーム テクノロジー テスト管理 ソフトウェアテストにおける検証と検証: 基本を理解する

ソフトウェアテストにおける検証と検証は、ソフトウェアシステムがその目的を果たし、意図された仕様を満たしているかどうかを確認するプロセスです。

これら 2 つの用語は、ソフトウェア開発ライフ サイクルでソフトウェア テスターが使用するソフトウェア品質管理とも呼ばれます。どちらも見た目も音も似ていますが、分析では異なります。

検証はソフトウェアの品質を判断するプロセスですが、検証はソフトウェアの機能を通じて顧客の要件を確認することです。検証は、開発サイクルの最後に検証が完了した後に実行されます。

検証
検証

アプリケーション テストの世界では、これらの用語を中心に多くの混乱が生じています。したがって、あなたの仕事がソフトウェア テストに関連している場合、または単にソフトウェア テストに興味がある場合は、ソフトウェア テストにおけるこれらの用語の違いを知る必要があります。

この記事では、検証と検証、その利点などについて説明します。後で、これらの用語の違いを表で説明します。

さぁ行こう!

検証とは何ですか?

検証は、開発プロセスにおいてソフトウェアを検証する簡単なプロセスです。これには、計画、コード、文書、仕様、要件を評価するための会議、検査、ウォークスルー、レビューなどが含まれます。

専門用語では、アプリケーションが要件を満たし、顧客やエンド ユーザーを満足させることができるかどうかを判断するためにアプリケーションを評価するプロセスと定義されます。

検証
検証

したがって、検証の主な目的は、ソフトウェア アプリケーションの品質、アーキテクチャ、設計などを保証することです。検証では、仕様はアプリケーション開発プロセスの入力として機能します。コードは仕様を詳しく規定したドキュメントに基づいて記述されています。

ソフトウェア テスターは、アプリケーションの範囲と複雑さに応じて、さまざまな検証方法を使用します。場合によっては、数学的モデルと派生計算を使用してソフトウェアについての予測を行い、コードの背後にあるロジックを検証することもあります。

さらに、検証では、開発チームが製品を正しく構築しているかどうかを確認します。つまり、検証は検証プロセスに先立って開始され、ソフトウェアが検証されてリリースされるまで継続されるプロセスです。

検証プロセスには 3 つのフェーズが含まれます。彼らです:

  • 要件の検証:要求または要件が完全、正確、正確であることを検証および確認するプロセスです。アプリケーションの設計に入る前に、ソフトウェア テスト チームは顧客またはビジネスの要件の完全性と正確性を検証します。
  • 設計検証:ソフトウェア アプリケーションが文書に記載されている設計仕様を満たしているかどうかを、証拠を提供することによって確認するプロセスです。ここで、ソフトウェア テスト チームは、アプリケーションのプロトタイプ、レイアウト、アーキテクチャ設計、論理データベース モデル、およびナビゲーション チャートをチェックして、対象となる機能要件と非機能要件を満たしているかどうかを確認します。
  • コード検証:コードの正確さ、一貫性、完全性をチェックするプロセスです。このプロセスでは、ソフトウェア テスト チームは、ユーザー インターフェイス、ソース コード、物理データベース モデルなどの構築成果物が設計仕様を満たしているかどうかをチェックします。
検証段階
検証段階

この概念を理解するために実際の例を見てみましょう。

家のインテリアデザイナーに依頼するときは、まず自分の要望を伝える必要があります。これらの要件に従って、インテリア デザイナー チームがモデルを開発し、外観を示します。同じチームは、その設計の実現可能性もテストし、要件とフィードバックに従って変更を加えて、正しくオーナーの要求も満たすものを完成させます。

ここでは、住宅モデルがコード、インテリア デザイン チームが開発者とテスター、住宅所有者が顧客です。

検証とは何ですか?

検証は、ソフトウェア開発プロセス中またはソフトウェア開発プロセスの終了時に、ビジネスまたは顧客の要求に従ってソフトウェアを評価するために使用されるプロセスです。最終的なアプリケーションを評価して、アプリケーションが顧客の期待と要件を満たしているかどうかを確認します。

検証中
検証中

これは、テストとともに実際のプロジェクトを検証する動的なメカニズムとして知られています。検証は出力に焦点を当てます。内部プロセスとは何の関係もありません。これは、検証プロセス後にのみ開始される 1 回限りのプロセスです。

ソフトウェア チームは、ブラック ボックス テスト (機能テスト) やホワイト ボックス テスト (非機能テスト、設計/アーキテクチャ テスト) など、さまざまな検証方法を使用します。

  • ホワイト ボックス テストは、事前定義された一連のデータ入力を通じてアプリケーションを検証するのに役立ちます。したがって、テスターはソフトウェア アプリケーションの出力値と入力データ値を比較して、ソフトウェアが期待どおりの出力を生成しているかどうかを確認します。
  • ブラック ボックス テストには、入力値、期待される出力値、出力値という 3 つの重要な変数があります。

つまり、機能テストまたはブラック ボックス テストには統合テスト、システム テスト、単体テストが含まれますが、非機能テストまたはホワイト ボックス テストにはユーザー受け入れテストが含まれます。

検証では、顧客の仕様に従ってソフトウェアの内容をチェックすることで、ソフトウェア製品が正しく開発されたことを確認します。

検証プロセスには次の手順が含まれます。

検証プロセス
検証プロセス
  • 設計レビュー:ソフトウェア テスト チームは、顧客の要件の概要を説明します。その後、本番稼働前にソフトウェアの各項目を確認するためのテスト計画を作成します。開発チームは製品の準備に関して承認を受け取ります。
  • インストールのレビュー:ソフトウェア テスト チームは、テスト計画に従ってソフトウェア アプリケーションのインストールを試みます。目的は、インストール プロセスと重要なシステム ハードウェアが仕様に準拠していることを確認することです。また、テスターはソフトウェアの機能状況を確認します。
  • 運用レビュー:ソフトウェア テスターは、アプリケーションにさまざまなテスト シナリオを実行して、その完全性をチェックします。目標は、すべての操作または機能をレビューして、ソフトウェアが顧客の要求どおりに動作するかどうかを判断することです。
  • パフォーマンス レビュー:ソフトウェア アプリケーションが実際の状況でビジネス ニーズに応じて機能できることを示します。クライアントは、ベータ テストを実施して感触を掴み、正しく開発されているかどうかを確認することもできます。一連の外部ビューにより、開発チームが見逃していた可能性のある欠陥やバグが明確に発見されます。
  • 生産準備レビュー:すべてのレビューが完了すると、検証プロセスが完了し、製品は生産準備完了状態に移行します。これは、チームがアプリケーションを運用環境にリリースする作業を進めることができることを意味します。
検証段階
検証段階

さらに、リリース後に欠陥やバグが発見された場合、ソフトウェア開発チームはこれらの問題に対処するための新しいアップデートをリリースできます。

前の例を見て、検証とは何かを理解しましょう。

インテリア デザイン プロジェクトに取り組むチームにとって、検証は、完全な家の内装仕上げの最終結果を生み出すのに役立ちます。ただし、検証は、その設計を感じて分析することでテストできる次のステップです。設計で見たものと同じ家を見つけたときに、検証が行われます。

別の例では、特定のカフェのパンケーキを食べたいとします。そのパンケーキが注文したものと同じであることを確認するには、味見する必要があります。

検証と検証: 利点

検証と検証の利点
検証と検証の利点

検証の利点

検証テストのいくつかの利点について説明します。

  • 頻繁かつ早期に検証を行うと、ソフトウェア障害のリスクが軽減され、後で現れる可能性のある欠陥やバグを最小限に抑えることができます。
  • 関係者、製品マネージャー、開発者は、各段階でコードを検証することで、ソフトウェア アプリケーションについてより多くの洞察を得ることができます。このようにして、ソフトウェアが後の段階でどのように動作するかを予測できます。
  • ソフトウェアの検証は、開発フェーズの各段階でソフトウェアをビジネスおよび顧客の要件に合わせた状態に保つのに役立ちます。これにより、開発者は開発を継続する際に不必要な作業を減らすことができます。
  • すべてのバグを完全に排除することはできないため、検証は QA が後で発生する可能性のある問題を推定し、必要なときにそれらのバグに即座に対処するための文書を準備できるようにするのに役立ちます。
  • 再版や再発送のコストが削減されます。
  • 検証では、開発段階の後にシステム障害が発生する可能性は低くなります。

検証の利点

すべての検証テストは、システムの機能を実行し、定量的かつ具体的な結果を追跡することによって、システムが期待どおりに動作することを確認するために実行されます。

検証の利点
検証の利点

ソフトウェアテストにおける検証の利点について説明しましょう。

  • 検証段階で見落とされた欠陥やバグは、すべての検証テストの実行中に簡単に検出できます。
  • 仕様が不十分であったり、最初から正しくない場合は、検証によってその無効性が明らかになります。これにより、悪質なソフトウェア アプリケーションが市場に出るのを防ぐことができます。
  • 検証テストでは、バッテリー残量低下、接続速度の遅さなどのさまざまな条件下で、ソフトウェア アプリケーションがビジネスまたは顧客の要求、期待、好みに適合し、遵守していることを確認します。
  • これらのテストにより、ブラウザー、デバイス、OS のさまざまな組み合わせでソフトウェアが機能できるようになります。これは、検証によってブラウザ間の互換性のためにソフトウェアが認証されることを意味します。
  • 検証は、ソフトウェア アプリケーションの信頼性の向上に役立ちます。

検証と検証: いつ使用するか?

いつ使用するか、検証、テストするか
いつ使用するか、検証、テストするか

検証テストをいつ使用するか?

検証テストは、機能を実装する前に、開発サイクルのあらゆる段階で実行されます。

たとえば、「ウィッシュリストに追加」というラベルのボタンを Web サイトに追加します。ボタンの作成を開始する前に、ブレインストーミングとアイデアの段階で事前に決定された要件を検証テストで調べます。

たとえば、ドキュメントには、ボタンは青色でマゼンタの文字が書かれている必要があり、ボタンのサイズは 15mm X 10mm を超えてはいけないと記載されているとします。また、ボタンはサイトの各製品ページの中央下に常に表示されている必要があります。

同じ機能の別のボタンをページ上の各製品の下に配置する必要があります。作業を開始する前に、要件と設計表をレビューし、必要な仕様をリストする必要があります。

つまり、検証テストは、ソフトウェア アプリケーションの開発サイクル前および開発サイクル中に使用されます。

検証テストをいつ使用するか?

検証プロセスは、開発サイクルの各ステップまたは機能が完了した後に実行されます。たとえば、単体テストはコードの各単位が作成された後に実行されます。同様に、統合テストは、さまざまなモジュールが個別に完了し、組み合わせる準備ができた後に実行されます。

いつ使用するか検証するテスト
いつ使用するか検証するテスト

検証テストの一種であるクロスブラウザ テストは、検証における重要な要素です。 QA チームは、すべての機能、設計要素、機能がさまざまなブラウザー、デバイス、OS の組み合わせで期待どおりに表示されることを確認する必要があります。たとえば、QA は、「カートに追加」ボタンがすべてのブラウザーに表示され、どのデバイスのブラウザーでも適切に機能するかどうかを確認する必要があります。

ソフトウェア テスターは、ホワイト ボックス テスト (内部アプリケーション コードを対象とする) やブラック ボックス テスト (または、アプリケーションの外部機能のみを調べる動作テスト) などの検証方法を使用して、ソフトウェアの出力が正しいことを確認するために製品の作業を行います。 。

ここで、検証と検証の主な違いについて説明します。

ソフトウェアテストにおける検証と検証: 違い

検証:製品は正しく開発されていますか?

検証: 顧客の要件を満たす正しい製品を開発していますか?

検証と検証
検証と検証

検証と検証はソフトウェア開発に不可欠な部分です。適切な検証と検証がなければ、ソフトウェア チームは高品質の製品を構築できません。これらの用語は、製品障害のリスクを最小限に抑え、ソフトウェア アプリケーションの信頼性を向上させるのに役立ちます。

どちらも、さまざまなソフトウェア開発会社やプロジェクト管理会社で異なる用途に使用されます。たとえば、継続的なビジネス プロセスでは両方が必要となるため、アジャイル開発手法では両方が同時に行われます。

以下の表に、検証と検証の主な違いを示します。

検証検証
検証テストでは、要件検証、コード検証、設計検証が行われます。検証テストには、システムテスト、機能テスト、セキュリティテスト、パフォーマンステスト、ユーザビリティテストなどが含まれます。
コードの実行は含まれません。ソフトウェアの機能と使いやすさをテストするには、コードを実行する必要があります。
検証テストを行う際には、「適切な製品を開発していますか?」という問いに答えなければなりません。検証テストを実施する際には、「開発した製品は正しく、顧客の要件を満たしているか?」という質問に答えなければなりません。
これは、設計、コード、ドキュメント、プログラムをレビューする静的な実践です。これは、実際の製品をテストおよび検証する動的なメカニズムです。
これは、人間によるファイルや文書のチェックです。これは、コンピュータベースのプログラムの実行です。
検証は、検証の前に行われる低レベルの作業です。検証は、検証中に見逃されたエラーを検出する高度な作業です。
対象となるのは、ソフトウェアまたはアプリケーションのアーキテクチャ、要件仕様、完全な設計、データベース設計、および高レベルの設計です。対象となるのは、ユニット、モジュール、実質的な最終製品、モジュールを組み合わせた実際の製品です。
ソフトウェアが文書で定義された設計仕様に従って作成されているかどうかを確認するのは、品質保証チームによって行われます。検証段階が完了すると、テスト チームが参加して検証が実行されます。
レビュー、検査、デスクチェック、ウォークスルーが検証に使用される方法です。ブラック ボックス テストとホワイト ボックス テストは、検証に使用される方法です。
初期段階での欠陥やバグを軽減します。検証段階で見落とされたバグを検出します。
このテストは、入力が出力に従うかどうかを予測するのに役立ちます。このテストは、ユーザーが最終製品を受け入れるかどうかを予測するのに役立ちます。

ソフトウェア開発サイクルのさまざまなフェーズにおける検証と検証 (V&V)

異なるフェーズ
異なるフェーズ

検証と妥当性検査は、開発プロセスのあらゆる段階で実行されます。みてみましょう:

  • 計画フェーズには、契約の検証、コンセプト文書の評価、リスク分析の実行が含まれます。
  • 要件フェーズには、ソフトウェア要件とインターフェイスの評価、受け入れおよびシステム テスト計画の作成が含まれます。
  • 設計フェーズには、ソフトウェア設計とインターフェイスの評価、統合計画、テスト設計、コンポーネント テスト計画の作成が含まれます。
  • 実装フェーズには、ソース コードとドキュメントの評価、テスト ケースと手順の生成、コンポーネント テスト ケースの実行が含まれます。
  • テスト フェーズには、システム テスト ケースと受け入れテスト ケースの実行、トレーサビリティ メトリックの更新、およびリスク分析が含まれます。
  • インストールとチェックアウトのフェーズには、構成とインストールの監査、インストールの最終テスト、および最終テスト レポートの生成が含まれます。
  • 運用フェーズには、新しい制約の評価と提案された変更の評価が含まれます。
  • メンテナンス フェーズには、異常の評価、移行および再試行機能の評価、提案された変更、運用上の問題の検証が含まれます。

結論

検証と妥当性検査のプロセスは、ソフトウェア開発の重要な側面です。これらのプロセスは、ソフトウェア アプリケーションが定義された要件に従って作成されているか、ビジネス ニーズに準拠しているか、顧客の要求を満たせるかどうかを判断するのに役立ちます。

どちらのプロセスも似ているように見えますが、ソフトウェア開発ライフサイクル中にどのように実装されるかという点で異なります。

最適な API 開発およびテスト ツールを探索することもできます。

「ソフトウェアテストにおける検証と検証: 基本を理解する」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【ITパスポート】開発プロセス(2)、ソフトウェア詳細設計~テスト(単体
ソフトウェアテスト、全部自動化したらいいわけじゃない!|SHIFTのテスト自動化

Share via
Copy link