ホーム テクノロジー テスト管理 非公開: 回帰テスト: 知っておくべきことすべて

回帰テスト: 知っておくべきことすべて


多くの企業や開発チームは回帰テストの重要性を過小評価しています。

正しく行えば、製品の品質とユーザーエクスペリエンスが向上し、顧客の信頼を獲得するのに役立ちます。この記事では、回帰テスト、その重要性、課題、およびその実行方法について詳しく説明します。

回帰テストとは何ですか?

回帰テストは、既存のコードが変更または修正された後でもソフトウェアが引き続き機能するかどうかを判断するアプリケーション テストの一種です。

これは、開発者が既存の機能に悪影響を与えることなくソフトウェアを継続的に改善できるようにするための重要なステップです。ソフトウェア開発における回帰テストの目的は、ソフトウェアの機能に影響を与える可能性のある変更に起因する問題を明らかにすることです。

回帰テストと再テスト

多くの人が回帰テストと再テストを混同しますが、どちらも複数の要素で異なります。再テストは変更後の特定のコードをテストすることですが、回帰テストは新しい変更が加えられた後にソフトウェア全体の機能をテストします。

回帰テストは再テスト後に実行されます。再テストは失敗したテスト ケースに適用されますが、回帰テストは成功したテスト ケースに対して実行されます。

回帰試験再テスト
テスト ケースは自動化することも、手動で行うこともできます。テスト ケースは手動でのみ実行されます。
変更後の製品の全体的な機能を検証します。特定のコードの修正が行われた後にバグを発見します。
再テストに比べて優先度が低く実行されます。回帰テストと比較して高い優先度で実行されます。
これにより、変更の一部ではないソフトウェアの他のセクションが影響を受けないことが保証されます。特定の欠陥を特定するために実行されます。
テスト ケースは、製品開発の初期段階で特定して収集できます。テスト プロセスの前にテスト ケースを収集することはできません。
表: 回帰テストと再テスト

回帰テストの重要性

回帰試験
回帰試験

回帰テストは、新たな機能の追加、変更、修正、または新しいソフトウェアとの統合後にソフトウェアの完全な機能をチェックするために非常に重要です。ソフトウェアをユーザーに渡す前に、ソフトウェアが想定どおりに動作しているかどうかを検証します。ユーザーエクスペリエンスを向上させ、顧客の信頼を得るのに役立ちます。

回帰テストは手動で行うことも、自動化することもできます。自動化されたテスト ケースは、プロジェクト全体の時間、リソース、コストの削減に役立ちます。また、次のプロジェクトのテスト ケースを減らすのにも役立ちます。自動回帰テストにより、チームはソフトウェア開発の他の領域に集中できるため、予定通りに製品を納品できます。

回帰テストは、スプリント サイクル内でソフトウェアをテストすることで、アジャイル手法におけるワークフローの安定性とシームレスな継続を実現します。あらゆる段階でバグやエラーを早期に検出できるため、時間とコストが削減されます。

回帰テストの長所、短所、課題

利点

  • 回帰テストは、ソフトウェアの品質とユーザー エクスペリエンスを向上させるための重要なステップです。
  • これにより、ソース コードに加えられた変更がソフトウェアの全体的な機能に影響を与えていないことが保証されます。
  • 高品質の製品をより迅速に提供できるため、時間とコストが節約されます。自動化されたテスト ケースにより、プロジェクト全体のコストと時間が大幅に削減されます。

短所

  • 回帰テスト ケースは自動化できますが、場合によっては手動で実行する必要があります。手動テストには多くの時間と人的リソースが必要です。
  • 回帰テストは非常に反復的なプロセスであり、小さな変更であってもソフトウェアの基本機能に影響を与える可能性があるためテストが必要です。
  • 複雑な機能ではほとんどの場合、複雑なテスト スクリプトが必要となるため、テストの実行期限が遅れる可能性があります。

課題

回帰テストがもたらす多くの大きな利点にもかかわらず、いくつかの課題もあります。

適切なツールの選択 –回帰テストを成功させるには、適切なツールを選択することが不可欠です。そうしないと、時間、お金、リソースを費やすことになります。

時間 –回帰テストは繰り返し行われるため、時間がかかります。そのため、期限までに製品を実行して納品することが大きな課題となります。

複雑さ –テスト ケースは反復性が高いため、製品が最初のビルド段階から次の段階に進むにつれて、ますます複雑になります。新しいテスト ケースとともに古いテスト ケースを常にテストする必要があります。

回帰テストの使用例

回帰テストには次のような使用例があります。

  • 新しい機能がソフトウェアに追加される:新しい機能を追加するために新しいコードが追加されるたびに、既存のコードとの互換性を確認するために回帰テストが行​​われます。次に、ソフトウェア内の考えられる問題やバグを指摘します。
  • 既存の機能の変更:要件に応じて既存の機能が変更または修正される場合があります。その後、同じ目的で回帰テストが行​​われ、ソフトウェアに問題が発生していないことを確認します。
  • ソフトウェアは欠陥後に修正されています:欠陥を見つけて修正した後、その欠陥に関連する他の機能とともにソフトウェアが適切に動作するかどうかを確認するテストが必要です。
  • ソース コードの最適化: たとえば、ソフトウェアのロードには 5 秒かかりますが、最適化によりロード時間は 2 秒に短縮されました。変更を加えた後、テスターはソフトウェアの機能が影響を受けるかどうかをテストします。
  • 環境の変化:たとえば、ソフトウェアはデータベースを Oracle から MySQL に更新しました。この場合、ソフトウェアが以前と同様に動作することを確認するためにテストが必要です。

回帰テストを実行するにはどうすればよいですか?

回帰テスト戦略を作成する最適な時期は、ソフトウェア開発の初期段階であり、その後リリースまで製品に合わせて調整することです。回帰テストを実行する手順は次のとおりです。

ステップ 1: 変化を検出して理解する

まず、ソフトウェアにどのような変更が加えられたのかを明確に把握し、理解することが重要です。ソース コードに加えられた変更や修正を検出し、それがコンポーネントやソフトウェアの機能にどのような影響を与えたかを特定します。

ステップ 2: 必要なテスト ケースを収集します。

テストの実行に必要なすべてのテスト ケースを特定して収集します。ソフトウェアの適切な機能を検証するテスト ケースを含めます。これには、ホーム ページ、ログイン ページ、ログアウト ページなどが含まれます。エラーが発生する可能性が高いすべてのコンポーネントにケースを追加します。最終的には、複雑なテスト ケースを含めます。

ステップ 3: 自動化できるテスト ケースを決定する

自動テストは高速で信頼性が高く、次のプロジェクトで再利用できるため、テストを実行する最適な方法です。ただし、GUI イベント シーケンスなど、一部のテスト ケースは手動で実行する必要があります。どのケースが自動化でき、どのケースを手動で行う必要があるかを特定します。

ステップ 4: テスト ケースを優先順位に従って実行する

回帰テスト ケースを構築した後、チームはすべてのテスト スイートを同時に実行できないことに気づく場合があります。その場合、回帰の優先順位付けが問題になります。ソフトウェアにとって最も重要なコンポーネント/機能に基づいて、どのテスト ケースを優先的に実行するかを定義します。最も価値をもたらすソフトウェアのコア機能のテストを実行するテストを優先する必要があります。

ステップ 5: ツールを選択してテストを実行する

最初のテスト ケースが提供され、要件に従って最適な回帰テスト ツールが選択されたら、実行を実行します。

次に、回帰テストを実行するための最適なツールをいくつか見てみましょう。

テストシグマ

Testsigma は、クラウドベースの AI を活用した迅速なテスト ツールです。 AI を使用して、既存のコードの異常を検出して修正します。

特徴:

  • クラウドベース、簡単、スクリプト不要の回帰テスト
  • AI を活用した自己修復テストの自動化
  • 簡単な英語でテストスイートを作成する
  • 複数のテストを並行して実行できます
  • スケジュールされたテストの実行
  • テストレポートとビジュアル/テキストログ
  • 電子メール、Slack、Teams による通知

最も重要なことは、Testsigma は、単純な平易な英語でテストを作成するのに役立ちます。これにより、何千ものテストを並行して実行できるため、回帰テストを迅速に実行できます。 Testsigma は、デバッグを容易にするドリルダウン テスト レポートを提供します。

カタロン

Katalon は、クラウドとオンプレミスの両方のインフラストラクチャで実行するための完全なプラットフォーム サポートを提供します。

特徴:

  • 非常に軽量で、すべての OS、デバイス、ブラウザでテストを作成できます。
  • 初心者に優しい
  • コードレスのテスト作成
  • Bamboo、Azure、Jenkins、CircleCI などのアジャイル ツールや CI ツールにシームレスに統合されています。

これは、あらゆるオペレーティング システム、デバイス、ブラウザーでテストを作成できる堅牢なプラットフォームです。

テストリゴール

Testrigor は、コーディングを必要とせずにテスト用のテスト ケースを作成します。これは、テストのメンテナンスに費やす時間を短縮したい人にとって最適なテスト ソリューションです。

特徴:

  • 平易な英語でのテスト ケースの作成。
  • カスタム テスト スクリプトを簡単に作成します。
  • メンテナンスの手間がかからず、非常に安定した回帰テスト ソリューション。
  • 問題は簡単に明らかになります。
  • ユーザーの視点を意識したテストを実行します。

このツールは複数のテストをユーザーの視点から自律的に実行するため、非常に安定しています。

K6

K6は最高のオープンソース テスト ツールの 1 つであり、ソフトウェア開発チーム/企業にとって優れた SaaS です。

特徴:

  • オープンソースおよびクラウドベースのテスト ソリューション
  • JavaScript でテスト スクリプトを作成する
  • メンテナンス不要でプラットフォームを完全にサポート
  • GUI テスト ビルダーを使用した迅速なテスト作成
  • ユーザー ジャーニーを記録し、スクリプトをより迅速に構築するためのブラウザ レコーダー
  • テストスクリプトのスケジュールと自動化

このツールは、柔軟性があり、使いやすく、強力であるように特別に設計されています。テストを簡単に実行および拡張するための K6 クラウドを提供します。

スマートベア

Smartbearは、信頼性の高い、高性能の自動テスト プラットフォームです。スピードや機敏性を犠牲にすることなく、高品質のテスト ソリューションを提供することに重点を置いています。

特徴:

  • 自動化されたデータ駆動型テスト
  • AI を活用した視覚認識
  • 単一インターフェースからの自動テストレポート
  • 楽な欠陥追跡と分析
  • テストステップ、オブジェクト、アクション、データを簡単に分離するためのキーワード駆動型テストフレームワーク

Smartbear は、すべてのアプリケーションに自動化された UI テスト ソリューションを提供します。

すべてを一緒に入れて

優れた回帰テスト戦略は、時間、リソース、コストを節約し、高品質の製品を顧客に提供するための重要な鍵となります。開発サイクルの開始時からソフトウェア テストを活用することで、顧客の期待に効率的に応えることができます。

このタイプのテストをアジャイルで採用すると、あらゆる段階で操作がシームレスに実行され、製品が予定通りに納品されることが保証されます。回帰テストを全体的に成功させるには、テスト戦略を作成し、適切なツールを選択することが不可欠です。

「回帰テスト: 知っておくべきことすべて」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

回帰のあてはめが妥当かどうかを確認する方法。LOF(Lack of Fit)とは?
【9分で分かる】ロジスティック回帰分析を分かりやすく解説!