ソフトウェア開発の世界では、予防保守とは、ソフトウェアやシステムが可能な限り長く期待どおりに動作し続けることを保証するために、将来を見据えるプロセスを指します。

残念ながら、ソフトウェアのコストは取得段階で終わるわけではありません。このソフトウェアをスムーズに実行したい場合は、メンテナンスに投資する必要があります。

メンテナンスは 4 つのカテゴリに分類できます。適応的、矯正的、完璧的、予防的です。どの種類のメンテナンスにも利点がありますが、今日は予防メンテナンスに焦点を当てます。

現代世界では、予防保守とは、保守を最適化し、事業運営やプラントの信頼性リスクを低減するための、運用データ分析、機械学習、資産健全性の予測監視を指します。

予防保守が重要なのはなぜですか?

予防保守が重要な理由
予防保守が重要な理由

ソフトウェアの予防保守の主な目的は、障害を改善および修正することです。予防メンテナンスはソフトウェアの進化の自然な結果です。

企業として、クライアントに最高の印象を与え、プラットフォームの効率を高めるために、ソフトウェアのトレンドの変化を常に把握しておく必要があります。

システムは完全に保守される前に、次のフェーズを経ます。

#1.問題特定フェーズ

AdobeStock_158956584
AdobeStock_158956584

このフェーズでは、変更リクエストが識別され、番号が割り当てられます。次に、すべての変更リクエスト (MR) が評価され、それに適したメンテナンスの種類が決定されます。この手順は、さまざまな種類のソフトウェア メンテナンス リクエストが存在し、すべての変更をその種類と優先度に基づいてリポジトリに保存する必要があるため必要です。予防保守が解決策であると特定された場合は、次のステップに進みます。

#2.問題分析フェーズ

検証された各変更リクエストの範囲と実現可能性が準備され、このステップで計画が策定されます。リソース、リポジトリ情報、およびプロジェクトのドキュメントの初期見積もりは、この段階で策定されます。

実現可能性レポートは問題分析フェーズで作成されます。このようなレポートには次の内容が含まれます。

  • 変更によって予想される影響
  • 組織の短期および長期目標
  • 利用可能な代替ソリューション
  • 演習によるセキュリティと安全への影響

#3.設計段階

変更を行うことが決定したら、予防保守などの変更をどのように実行するかを設計します。このフェーズでは次のことが行われます。

  • 影響を受けるソフトウェアモジュールの特定
  • 特定されたソフトウェア モジュールのドキュメントの変更。プログラム設計言語やデータフロー図などが評価されます。
  • 新しい設計のためのテストケースの開発
  • 更新された要件のドキュメント。

#4.実装フェーズ

devops-3155972_1920-1
devops-3155972_1920-1

コードへの実際の変更はこのフェーズで行われます。このフェーズでは次の手順が実行されます。

  • コーディングと単体テスト。
  • 統合。コード化されたソフトウェアは既存のシステムと統合されます。
  • リスク分析とレビュー。メンテナンスに関連するリスクを分析するためにテスト段階を待つ必要はありません。評価できるリスクには、バックアップの提供やデータ障害などがあります。

#5.テスト段階

このフェーズでは、既存のシステムに新たな障害が発生しないようにします。入力属性には、更新されたソフトウェア ドキュメント、更新されたシステム、およびテスト準備レビュー レポートが含まれます。変更されたソフトウェア パッケージは、システム機能テスト、回帰テスト、およびインターフェイス テストに公開されます。

#6.受け入れテストフェーズ

変更されたソフトウェア モジュールがテストされたら、完全に統合されたシステムが期待どおりに動作するかどうかをテストします。このフェーズの役割は、エラーを検出し、変更が合意された基準に従って行われたかどうかを検証することです。

チェックされる内容には、完全に統合されたシステム、受け入れテスト手順、受け入れテスト計画、受け入れテスト ケースなどがあります。 FCA レポートと受け入れテスト レポートは、このフェーズの最後に生成されます。

#7。納品段階

変更されたソフトウェアは、このフェーズ中にエンドユーザーに提示されます。ユーザーは、ソフトウェアの動作方法を説明する便利なファイルや更新されたドキュメントも入手できます。これらは、配信フェーズの一般的な手順です。

  • 物理構成監査 (PCA)
  • ユーザーには新しい変更が通知されます
  • 修正されたシステムがインストールされ、ユーザーに通知される
  • システムバックの規定が設けられている

予防保守の種類

予防保全の種類
予防保全の種類

#1.使用量ベース

使用量ベースの予防保守は、システムを通常に使用した後に実行されます。このようなアプローチでは、システムの毎日の使用状況が考慮され、それを使用して保守または検査の日付を設定または予測します。

#2.時間ベース

一定時間経過後の時刻/カレンダーベースの予防保守。毎週、隔週、毎月、四半期、半年、または毎年の場合もあります。期日が近づき、必要な作業指示書がすべて作成されると、メンテナンス アクションが自動的にトリガーされます。

#3.予測的

予測メンテナンスでは、問題や障害が発生する前に修正メンテナンスのアクションをスケジュールします。チームはシステムの状態を評価して、メンテナンスをいつ行うべきかを見積もる必要があります。このようなメンテナンス タスクは、予期しないシステム障害を防ぐためにスケジュールされます。

#4.規範的

処方保守ではさらに一歩進んで、障害がいつ発生するか、その原因が示されます。このような予防保守アプローチでは、さまざまなオプションと潜在的な結果を分析して、リスクを軽減します。

予防保守はいつ必要ですか?

バグやエラーを修正するには

ソフトウェア システムにはバグやエラーが存在する場合があります。このようなバグは、現時点では動作に影響を与えていない可能性があります。ただし、新しい機能を導入するときに問題が発生する可能性があることが予想されます。したがって、予防メンテナンスは、将来の問題を回避するためにこれらのバグを修正するのに役立ちます。

安定稼働を実現

システムは、予期せぬときに障害が発生する傾向があります。場合によっては、問題を解決しようとしているときに業務の停止を余儀なくされ、他の人に迷惑をかけ、その過程で金銭を失うことになるかもしれません。予防メンテナンスにより、このような中断が軽減され、企業が期待どおりに稼働することが保証されます。

業務に影響を与える問題が発生する前に解決する

いくつかの簡単なメンテナンスルーチンにより、生産ラインに関連する問題が軽減される可能性があります。たとえば、特定の月にトラフィックの急増が予想される場合、そのような不測の事態によってサーバーがダウンしないように、必要な変更を加えることができます。

保証への準拠を保証します

別のベンダーから製品/システムを購入している可能性があります。そのシステム/製品が保証期間内に故障した場合、ほとんどのベンダーは、システム/製品が故障したのが過失によるものではないことを証明するよう要求します。予防メンテナンスは、お客様側の過失をなくしたい場合に役立ちます。

例 予防保守

例 - 予防保守
例 – 予防保守

コードを再構築する

ソフトウェアの予防保守には、ソース コードの削減によるコードの構造の変換が含まれる場合があります。このようなアプローチにより、コードをより理解しやすくしたり、導入する予定のハードウェア/ソフトウェア製品との互換性を高めたりすることができます。

コードの最適化

すべての業務を実行しているシステムがまだ最適化されていない可能性があります。コードの最適化により、プログラムが CPU やメモリなどのリソースを消費する量が減ります。新しいハードウェアを導入したり、そのようなシステムに関連するコストを削減したりする場合は、予防保守メカニズムとしてコードを最適化できます。

ドキュメントの更新

ドキュメントは、プログラムがどのように動作するか、および時間の経過とともに加えられた変更を説明するため、システムの重要な部分です。ドキュメントを更新すると、ドキュメントがシステムの現在の状態に合わせて最新の状態になります。

予防保守用ツール

予防保守用ツール
予防保守用ツール

ソフトウェアのメンテナンスは、種類に関係なく、ランダムに行われるわけではありません。スムーズなエクスペリエンスを実現したい場合は、これらのツールを使用する必要があります。

  • ファイルコンパレータ。このようなツールは 2 つのシステム/ファイルを比較し、相違点のレポートを提供します。ファイル コンパレータは、2 つのシステムまたはファイルが同一であるかどうかも判断します。
  • コンパイラとリンカ。コンパイラは構文エラーをチェックします。他の場合には、このようなツールを使用してエラーの原因を確認することもできます。リンカー ツールは、コンパイルされたコードを他のコンポーネントにリンクして実行するために使用されます。
  • デバッガ。デバッガはプログラムのロジックをトレースします。 Google Chromeなどの一部のブラウザには、利用できるデバッグ ツールが備わっています。
  • 相互参照ジェネレーター。コードに加えた変更は、既存のシステムに準拠する必要があります。このツールは、要件の変更が必要な場合に、さまざまなコード コンポーネントや設計がどのような影響を受けるかを判断します。

学習リソース

#1.予防および予知メンテナンスの完全ガイド

『予防および予測メンテナンスの完全ガイド』では、著者が長年にわたって獲得してきたベスト プラクティス、予防メンテナンスの成功、間違い、勝利のための重要な手順を共有しています。

この本は、予防保全の 4 つの側面 (心理的、工学的、管理的、経済的) に焦点を当てています。

#2.メンテナンス戦略シリーズ 第 1 巻 – 予防メンテナンス

メンテナンス戦略では、企業システムの全体的なメンテナンス戦略に対する予防メンテナンスの重要性を検討します。

この本には、予防保守を行う際に従うべきすべての手順を示したフロー図が示されています。

#3.予防保守に関するエンジニア向けガイド

この本は、予防保守を実行する際の障害モードと影響分析の文書化について説明します。

学習する内容には次のようなものがあります。障害コードとシステム/資産階層の文書化、リスクの評価、障害モードの分析。

#4.予防保守の基礎

「予防メンテナンスの基礎」では、経済的に合理的でわかりやすい予防メンテナンスの手順を説明します。

プレビュー製品評価価格
予防保守の基礎 予防保守の基礎 $39.95

結果重視のガイドでは、障害の原因、障害を特定して修正する方法、およびメンテナンス プロセスについて詳しく説明します。

結論

システムの破損を防ぎ、運用の継続性を確保するには、予防保守が重要であることは明らかです。予防メンテナンスに関連するコストは、導入された変更によって異なります。メンテナンス計画を立てることで、プロセスがスムーズになります。

いくつかの最高のソフトウェア テスト ツールを探索することもできます。

「 5 分以内で説明する予防メンテナンス」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【メンテナンス】ディーラーが教えるハーレーで夏に乗る前のセルフメンテを大公開!
【超簡単!!】SLP推奨・1分でできるリールメンテナンス|ベイト編

Share via
Copy link