ホーム テクノロジー テスト管理 Web サイトとアプリケーションの実ユーザー監視について

Web サイトとアプリケーションの実ユーザー監視について


リアル ユーザー モニタリング (RUM) は、Web サイトのページまたはアプリとのユーザーの操作を収集して分析するテスト手法です。

これは、ページの読み込みが開始されたときにデータを収集し、訪問者が Web サイト内を移動している間もデータを収集し続ける受動的な監視ソリューションです。これにより、ユーザーの国、ブラウザ、デバイス、その他の変数に基づくパフォーマンスなど、実際の訪問者がサイトをどのように体験するかについての洞察が得られます。

実際には、 RUM ツールは、さまざまなコンポーネントやサービスの可用性、機能性、応答性を分析しながら、Web サイトまたはアプリとのユーザーの操作を常に観察します。トランザクション パス、読み込み時間、応答性などのメトリクスをチェックすることでユーザー エクスペリエンスを分析し、パフォーマンスを低下させているコンポーネントや最適化が必要なコンポーネントを特定できるようにします。

その結果、管理者や開発者は、ページの遅さ、リンクの誤動作、地理的地域によるネットワークの遅延、ブラウザの非互換性の問題など、ユーザーが直面する問題を特定して対処できます。

RUM が表示する情報には次のようなものがあります。

  • 最も遅い読み込みコンポーネントを含む監視対象ページのパフォーマンス
  • ユーザーがアクセスするページ、アクション、問題があるかどうか
  • 最高のエクスペリエンスを持つユーザーのタイプと、応答の遅さなどの問題が発生しているユーザーのタイプと、場所、デバイス、ブラウザ、OS の種類とバージョンなどのユーザー固有のデータ
  • 最新のアップデート、アップグレード、またはコードの変更がユーザー エクスペリエンスに影響を与えている場合

合成試験とRUM

ほぼすべての訪問者がページの高速読み込みとスムーズなナビゲーションを期待しているため、Web サイトのパフォーマンスはユーザー エクスペリエンスの重要な部分です。 Web サイトのパフォーマンスが低いと訪問者やユーザーが遠ざかってしまうため、パフォーマンスの問題を監視して対処する必要があります。

最近の調査によると、モバイル ユーザーの 50% 以上が、読み込みに 3 秒以上かかると Web サイトやアプリから離れることがよくあります。このうち、満足していない訪問者の約 40% は二度と戻ってこない可能性があります。そのため、Web サイトがユーザーの期待に応えているかどうかを確認するには、Web サイトの監視が非常に重要です。

現在、管理者やビジネスオーナーにさまざまなパフォーマンス指標、可用性、読み込み時間などに関する洞察を提供する幅広い Web サイトテストツールがあります。

これらのソリューションには、無料の合成テストと実際のユーザーのモニタリングが含まれます。総合テストでは、ユーザーのアクションを模倣する自動ソフトウェア スクリプトまたはロボットに基づいて Web サイトを分析します。一方、RUM は、ユーザーがログインして Web サイトのページや Web アプリを操作する際のアクティビティを分析します。

現実の世界では、ユーザーのアクションとエクスペリエンスは動的で予測不可能であるため、Web サービスがさまざまな条件下でさまざまなリクエストにどのように応答するかを確認する必要があります。

たとえば、電子商取引 Web サイトでは、場所やその他の理由により、ユーザーが支払い方法に問題を抱えている場合があります。それが失敗した場合、開発者は、ユーザーが予期しないリンクや戻るボタンなどをクリックした場合に何が起こるかを調べる必要があります (つまり、カートはどうなるでしょうか?)。

実際のユーザー監視ツールは、実際の訪問者が Web サイトとどのようにやり取りするかについての洞察を提供し、合成テストは、予想されるユーザーがどのような体験をするかについて同様の評価を提供します。

RUMの必要性

今日の Web サイトやアプリの大部分は、日々変化するさまざまなテクノロジーに分散された動的なシステムに進化しました。ほとんどの場合、一部の更新、アップグレード、またはコードの変更は、特定のユーザーまたはすべてのユーザーのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。変更によってパフォーマンスが低下しないようにするには、Web サイトのコンポーネントを監視し、問題があれば修正する必要があります。

Web サイトの規模と閲覧者数が増加するにつれて、場所の数やデバイス、オペレーティング システム、ブラウザの種類も増加します。そして、これらはそれぞれユーザー エクスペリエンスに影響を与えます。各訪問者が Web サイトのページまたはアプリとどのように対話するかを分析すると、有用な洞察が得られ、注意や最適化が必要な領域やコンポーネントを特定する方法が得られます。

Web テスト ツールはいくつかありますが、RUM は、さまざまな独自のメトリクスに基づいてユーザーのトランザクション パスをより適切に分析できます。これは、ハードウェアおよびソフトウェアのアップグレード、アップデート、コード変更、Web サイトの変更、ネットワークの変更などの後に発生する可能性のあるユーザーの問題を検出するのに特に役立ちます。

RUMの利点

この監視により、Web サイト管理者は、パフォーマンスの低下がいつどこで発生したか、その時点のトラフィック、影響を受けるメトリックなどを確認できます。

実ユーザー監視の主な利点は次のとおりです。

 実際のユーザーがアプリケーションをどのように操作し、使用しているかについての洞察を提供します。 RUM は、最適化の機会を判断するだけでなく、将来のアップグレードの必要性や機能拡張を判断するのにも役立ちます。

  • ユーザーの地理的分布と、アプリケーションまたはページがさまざまな地域からのリクエストにどのように応答するかを決定します。
  • 実際のユーザーによる実際の使用状況を確立します。これには、実際のユーザーに基づいてネットワーク、サーバー、その他のリソースの使用状況を決定することが含まれます。
  • Web サイトを完全に可視化できるため、パフォーマンスの問題をより迅速に特定して対処できます。
  • 高パフォーマンスのページを見つけて、さまざまな機能がどのように反応するかを確認し、遅いコンポーネントの問題に対処します。
  • 死角をなくし、ユーザーエクスペリエンスとサービスを向上させます
  • 訪問者のトランザクション パスをトレースし、どの時点で問題が発生したかを確認し、より迅速な解決を実現します。

RUMはどのように機能しますか?

RUM ソリューションは、テスト スクリプト、エージェント、ネットワーク スニファーなどのクライアント ベースまたはサーバー ベースのツールのセットを使用して、ユーザーがページまたはアプリを操作するときに Web サイトのコンポーネントをチェックします。

訪問者が Web サイト内を移動したりページを操作すると、エージェントはすべてのトラフィックをリッスンしながら、パフォーマンス、エンゲージメント、その他の有用な指標を収集します。

  • パフォーマンス指標には、ページの読み込み時間、応答性、帯域幅の使用状況などが含まれます。
  • 直帰率、コンバージョンなどのエンゲージメント指標。
  • ユーザーの出身地、デバイス、ブラウザの種類とバージョン、通信事業者の速度、ユーザー エクスペリエンスに影響を与えるその他の変数などのユーザー固有の指標。

エージェントがユーザーのデータを収集すると、そのデータは分析プラットフォームに送信され、そこで定義されたパラメーターに従って並べ替えられ、整理されます。このソリューションは、チャート、棒、グラフ、その他の視覚化など、理解しやすく実用的な形式で分析を表します。

監視プロセス中、RUM ツールは次の手順に従ってユーザー エクスペリエンス データを収集します。

  • スクリプトのロード:これにより、 ページの読み込み時にページを監視するために、ページの head タグに小さなスクリプトを追加します。
  • 記録:スクリプトは、監視対象ページの読み込みが継続されるときに、関連するパフォーマンス データを収集します。これには、ページ、タイミング情報、コンポーネントなどが含まれます。
  • データの送信: ページが完全に読み込まれると、スクリプトは収集されたデータをサーバーに送信します。
  • 処理:サーバーはデータを処理し、ユーザー環境、パフォーマンス データ、その他の関連情報を取得し、データベースに保存します。これにより、各ページやユーザーの速度の遅さ、エラー、ナビゲーションの問題、その他の問題も特定されます。
  • 集計:実用的なレポートを生成するために、サーバーは、場所、閲覧したページ、デバイスの種類、オペレーティング システム、ブラウザの種類とバージョンなどの変数に基づいて、受信したデータを整理します。これにより、ユーザーのさまざまなデバイス、ブラウザー、地域に基づいてページ、可用性、パフォーマンスを簡単に表示できるようになります。
  • アラート: RUM ツールが重大な問題を特定すると、関係者にアクションを起こすよう警告できます。

一部のツールはデータをページ ビューに編成し、各ページの詳細を表示します。また、他のアクションに加えて、各ユーザーの 1 回の訪問中の連続したページ ビューもすべて表示されます。また、URL、ページビュー、訪問時間などの詳細や、デバイス、ブラウザ、地域などのその他のユーザー固有の情報によってデータを分類するオプションもあります。

データ収集方法

機能や展開方法が異なるさまざまな RUM 手法があります。ほとんどの場合、使用するツールまたは方法の選択は、監視の必要性、予算、規模、レポート作成などによって決まります。一般的なツールは、次のデータ収集手法のいずれかに基づいています。

  • Cookieを使用したサーバー側のデータ収集
  • JavaScriptまたはエージェントを使用したブラウザ側
  • サーバー側とブラウザ側のデータ収集を組み合わせたハイブリッド方式

RUMを必要とする人は誰ですか?

通常、ダッシュボードに表示される RUM レポートは、Web マスター、開発者、マネージャー、ビジネス担当者、その他の関係者にとって役立ちます。

具体的には、

  • デジタル プロダクト マネージャーは、アプリや Web サイトが要件を満たしていることを確認し、パフォーマンスが低下している場合は修正してもらうことができます。
  • フロントエンド開発者: コード、変更、新機能、その他のコンポーネントが適切に動作していることを確認します。
  • 技術的リード: ダッシュボードまたはレポートを使用すると、技術担当者は Web サイトまたはアプリにアクセスし、注意が必要な問題があるかどうかを判断できます。

オンライン ビジネスを経営しており、ユーザー エクスペリエンスを真剣に考えている人は、実際のユーザーのモニタリングを検討する必要があります。

結論

今日の Web サイトやアプリでは、多様なネットワーク、ハードウェア、ソフトウェア コンポーネントが複雑に組み合わされているため、特にこれらのコンポーネントの一部が誤動作した場合には、意味のあるユーザー エクスペリエンスを提供することが困難になる可能性があります。実ユーザーのモニタリングは、Web サイトを分析し、実世界の訪問者データに基づいた結果を得る手段を提供します。

「 Web サイトとアプリケーションの実ユーザー監視について」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

基礎からわかる!Webアプリの仕組み【歴史〜HTTPの仕組みまで】
Lin Linlin – 提供されたアプリとウェブサイトで財務管理を実践する