ホーム テクノロジー ウェブスフィア 非公開: ODCF8005E – P2P レイヤーは WebSphere 8.5 の UDP ポートにバインドできませんでした

ODCF8005E – P2P レイヤーは WebSphere 8.5 の UDP ポートにバインドできませんでした


最近、IBM WebSphere 8.5 のインストールをいじっていたところ、次のエラーが発生しました。

  [7/1/13 0:21:33:113 SGT] 00000001 P2PBase E   ODCF8005E: There was an unexpected exception while initializing the SON overlay; the exception is java.io.IOException:
The P2P layer was unable to bind to a UDP port.
at com.ibm.son.mesh.RawUDPImpl.(RawUDPImpl.java:89)
at com.ibm.son.mesh.UDPFactory.getUDP(UDPFactory.java:31)
at com.ibm.son.mesh.Peer.(Peer.java:468)
at com.ibm.son.mesh.Peer.(Peer.java:411)
at com.ibm.ws.p2p.P2POverlayHelper.getPeer(P2POverlayHelper.java:147)
at com.ibm.ws.p2p.P2PBase.getPeer(P2PBase.java:31)
at com.ibm.ws.bbson.BBFactoryImpl.(BBFactoryImpl.java:632)
at java.lang.J9VMInternals.newInstanceImpl(Native Method)
at java.lang.Class.newInstance(Class.java:1564) 

同じ問題が発生していますか?

この問題は、 OVERLAY_TCP_LISTENER_ADDRESS が競合しているか存在しない場合に発生します。

この問題は、競合せずに存在することを確認して確認することで修正できます。

  • DMGRを開始する
  • 問題のあるノードで JVM が実行されている場合は停止します
  • ノードエージェントを停止する
  • 管理コンソールにログインし、次の場所に移動します。

システム管理 >> ノードエージェント >> ノードエージェント >> ポート

ここにOVERLAY_TCP_LISTENER_ADDRESSOVERLAY_UDP_LISTENER_ADDRESS が表示されますか?

これらのポート番号が表示された場合はメモしてください。

表示されない場合は、次の手順に従って作成します。

UDPの場合:

  • 「新規」をクリックします
  • ユーザー定義のポートを確認する
  • ポート名 – OVERLAY_UDP_LISTENER_ADDRESS
  • ホスト名 – localhost
  • ポート – 21001 (サーバー上の未使用のポート番号を指定します)

TCPの場合:

  • 「新規」をクリックします
  • ユーザー定義のポートを確認する
  • ポート名 – OVERLAY_TCP_LISTENER_ADDRESS
  • ホスト名 – localhost
  • ポート – 21002 (サーバー上の未使用のポート番号を指定します)

次に、nodeagent と問題のある JVM の間のポート番号を確認しましょう。

「サーバー」>>「サーバー・タイプ」>>「Websphere アプリケーション・サーバー」>>「server01」>>「ポート」に移動します。

ここにOVERLAY_TCP_LISTENER_ADDRESSOVERLAY_UDP_LISTENER_ADDRESS が表示されますか?

「はい」の場合は、ノードエージェントのポートと競合していないことを確認してください。それらが表示されない場合は、手順に従って新しいポートを作成します。

UDP:

  • 「新規」をクリックします
  • ユーザー定義のポートを確認する
  • ポート名 – OVERLAY_UDP_LISTENER_ADDRESS
  • ホスト名 – localhost
  • ポート – 21003 (サーバー上の未使用のポート番号を指定します)

TCP:

  • 「新規」をクリックします
  • ユーザー定義のポートを確認する
  • ポート名 – OVERLAY_TCP_LISTENER_ADDRESS
  • ホスト名 – localhost
  • ポート – 21004 (サーバー上の残りのポート番号を指定します)

構成を保存し、ノードを同期します

 ./syncNode.sh localhost  

ノードエージェントとJVMを起動します

役に立ちましたか?

「 ODCF8005E – P2P レイヤーは WebSphere 8.5 の UDP ポートにバインドできませんでした」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

IBM Websphere Application Server 9 のインストール | 15分
応答ファイルを使用した Linux での Websphere サイレント インストール – 8.5.5 – セッション 6