ホーム テクノロジー ウィンドウズ リモートコンピュータを再起動するには? (コマンド + ツール)

コマンド プロンプトまたはいくつかのツールを使用して、ネットワーク内のコンピューターをリモートから再起動する方法をいくつか紹介します。

ほとんどのシステム管理者は、それぞれの組織内のコンピュータをリモートで管理します。そして私たちのほとんども、コンピューターを管理し、高齢者向けのマニアックな問題を解決しています。

現在の Windows コンピュータの問題に対する最初の解決策は再起動です。さらに、ほとんどのアップデート後の再起動は必要悪です。

それでは、これ以上の苦労はせずに、同じネットワーク上の任意のコンピュータに対して簡単にそれを行う方法を確認してみましょう。

コマンドラインを使用してコンピュータを再起動します

コマンド プロンプトでこれを行うのは、最初は難しく見えるかもしれませんが、非常に簡単です。ターゲット コンピュータでいくつかの設定を調整し、ソースからコマンド プロンプトに数行入力して再起動を開始するだけです。

これを段階的に見てみましょう。

レジストリ設定の変更

ここは注意が必要です。レジストリをいじるのは、やり方を間違えると危険であり、システムが不安定になる可能性があります。

安全性を高めるために、続行する前に復元ポイントを作成することもできます。または、誤動作が発生した場合に備えて、レジストリのバックアップを作成して復元することもできます。

次に、⊞+R を押して Windows Run を開き、 regeditと入力して Enter キーを押します。

次に、 [コンピューター] > [HKEY_LOCAL_MACHINE] > [ソフトウェア] > [Microsoft] > [Windows] > [CurrentVersion] > [ポリシー] > [システム]に移動します。

次に、 [System]の上にマウスを置いて右クリックし、 [ New]に移動して、 [DWORD (32-bit) Value]をクリックします。

リモート再起動のためのレジストリの変更
リモート再起動のためのレジストリの変更

次に、エントリ ラベルにLocalAccountTokenFilterPolicyという名前を付けます。その後、ダブルクリックして値をデフォルトの 0 から 1 に変更し、 [OK]をクリックします。

リモート再起動を有効にする

次に、Windows Run を再度開き、 Services.mscと入力します。あるいは、タスクバーの検索から「サービス」を探すこともできます。

下にスクロールして[リモート レジストリ]をダブルクリックします。または、右クリックしてポップアップから「プロパティ」を選択します。

次に、スタートアップの種類を[自動]に変更し、右下の[適用]をクリックします。

最後に、 [サービス ステータス]の下にある[開始]をクリックし、 [OK]をクリックします。

ファイアウォールでのリモート再起動の有効化

これは、リモート再起動が問題なく動作するためのターゲット コンピュータにおける最後の変更です。

Windows の「ファイル名を指定して実行」を開き、 firewall.cplと入力して Enter キーを押します。サイド パネルで[Windows Defender ファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可する] をクリックします。

この機能が利用できない場合は、ウイルス対策アプリケーションまたはカスタム ファイアウォール アプリケーションを必ず無効にしてください。

次に、プログラムのリストのすぐ上にある[設定の変更]に移動します。

このリストを下にスクロールして、「プライベートネットワーク上のWindows Management Instrumentation (WMI)」をチェックし、下部にある「OK」をクリックします。

これにより、コンピュータへのリモート アクセスが可能になり、ファイアウォールが信頼できるプライベート ネットワーク上でのリモート操作をブロックすることがなくなります。

ターゲットコンピュータ名

必要な変更を加えたので、リモート再起動を強制するためにターゲット コンピューターの名前を確認します。

これは、「ファイル名を指定して実行」にmsinfo32と入力すると見つかります。

または、 [設定] > [システム] > [バージョン情報]に移動してデバイス名を取得することもできます。

コンピュータを再起動する

リモート デバイスの電源が入っており、ソース コンピュータと同じネットワーク上にあることを確認してください。

次に、ソースデバイスに管理者としてログインします。

スタート メニューにアクセスし、管理者権限を持つコマンド プロンプトを選択します。

次に、このコマンド プロンプト ウィンドウにshutdown/iと入力し、Enter キーを押します。

ポップアップの右上にある「追加」をクリックします。ウィンドウが開き、再起動するリモート コンピュータの名前 (大文字と小文字は区別されません) を入力できます。

最後に、実行する操作、一定時間前の警告の表示、コメントなどのその他のオプションを設定し、 「OK」をクリックします。

この方法を使用すると、複数のコンピュータを一度にリモートでシャットダウン/再起動することもできることに注意してください。

さらに、ソース マシンから同じことを行う特定のプログラムをインストールする方法もあります。

Zoho Assistを使用して再起動する

リモートデバイス用にZoho Assistを設定するには、次の手順に従う必要があります。

1. Zoho Assistにサインアップします。 15 日間の無料トライアルを利用できます。その後、Zoho Assist は個人使用の場合にのみ無料になります。

2. 次に、(トップメニューの)無人アクセスを開き、中央にある[デバイスの追加]をクリックします。

3. [デバイスの追加] オプションを使用すると、このツール (アシスト アカウントにリンクされている) をダウンロードするためのリンクをターゲット コンピューターに共有できます。あるいは、リモート再起動を機能させるために、対象デバイスにダウンロード、転送、インストールすることもできます。

さらに、一括展開のオプションもあります。

4. アプリケーションがターゲットデバイスにインストールされると、成功メッセージが表示され、リモートデバイスはソースのZoho Assistダッシュボードに追加を示します。

5. 次に、左側の [デバイス]をクリックし、 [接続]の横の省略記号 (…) をクリックし、 [再起動]をクリックしてリモート デバイスを再起動します。

RemotePCを使用して再起動する

RemotePC は動作が少し異なり、制御する各ターゲット コンピューターにインストールする必要があるアプリケーションを提供します。

次に、アプリケーションにログインし、リモート アクセス用に構成します。

このためには、ターゲット デバイスで[今すぐ設定] をクリックします。

次に、ターゲット デバイスへのアクセスを承認するのに役立つキーを設定します。

意図した再起動にはこのキーは必要ありませんが、ターゲット デバイスが RemotePC Web インターフェイスに表示されるためには必須です。

また、これは、技術サポートに不可欠な、ソース コンピュータからリモート デバイスを操作する場合にも役立ちます。

その後、リモート PC が Web コンソールに表示され、再起動を指示できるようになります。

SupRemoを使用して再起動する

SupRemo は、サインアップせずに両方のデバイスにインストールして使用を開始できるという点でより簡単です。

ここで、 [接続先] フィールドにリモート デバイス ID を入力し、その後にパスワードを入力します。

次に、ターゲット デバイスを制御するために接続し、上部の[コントロール]をクリックしてリモート コンピュータを簡単に再起動し、後でリモート再起動できます。

SupRemo の試用期間は 21 日間で、その後継続して使用するにはサブスクリプションが必須です。

結論

ここでは、ターゲット デバイスをリモートで再起動するさまざまな方法について学習しました。

コマンド プロンプト方式は少数のコンピュータには適していますが、大規模な組織で働くシステム管理者にとっては、 Zoho Assistのようなツールの方が実行可能なソリューションである可能性があります。

PS: Chrome リモート デスクトップにも興味があるかもしれません。

「リモートコンピュータを再起動するには? (コマンド + ツール)」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

決めた時間に自動でシャットダウンする設定【再起動も】
【Windows】友だちからパソコンめっちゃできると思われる方法。コマンドプロンプトでtasklistと入力してみよう。

Share via
Copy link