ホーム テクノロジー ウィンドウズ 非公開: [修正済み] 「NTLDR が見つかりません」エラー: 修正をマスターしてシステムを保存する

[修正済み] 「NTLDR が見つかりません」エラー: 修正をマスターしてシステムを保存する


システムの起動を制限する NTLDR 欠落エラーに遭遇したことがありますか?それは決して楽しい経験ではありません。

ブート不可能なソースからブートするときにこのメッセージが表示される場合があります。ファイルの破損や構成ミスの問題がある場合でも、このエラー メッセージが表示されます。

この問題は、起動プロセスに必要な重要なシステム ファイルにアクセスできなくなるか破損した場合に発生します。でも心配しないでください。システムをバックアップして稼働させるための効果的なソリューションをご紹介します。

ただし、新しいバージョンの Windows では異なるブート マネージャーが使用されるため、このエラー メッセージは特に Windows XP で表示されることを知っておく必要があります。 Windows 11、Windows 10、またはその他のバージョンで同様のエラー メッセージが表示された場合は、クリーン インストールを実行してください。

それでは、NTLDR 欠落エラーの修正を開始して、シームレスなコンピューティング エクスペリエンスをもう一度楽しみましょう。

NTLDR が見つからないエラーの原因は何ですか?

NTLDR が見つからないエラーの原因
NTLDR が見つからないエラーの原因

さまざまな理由により、NTLDR にエラーが見つからない場合があります。コンピューターの起動プロセスを中断するものはすべて、潜在的な原因と考えられます。このエラーの最も一般的な原因を詳しく見てみましょう。

システム パーティションの破損/損傷:考えられる原因の 1 つは、システム パーティションの破損または損傷です。これは、コンピュータが不適切なシャットダウン、ディスク エラー、またはマルウェアに感染した場合に発生する可能性があります。システム パーティションが影響を受けると、NTLDR 欠落エラーが発生します。

boot.ini ファイルに関する問題: boot.ini ファイルには、オペレーティング システムとブート プロセスに関する重要な情報が含まれています。このファイルが破損、削除、または誤って構成された場合、コンピュータはブート シーケンスを開始するために必要な命令を見つけることができなくなります。その結果、NTLDR が見つからないというエラー メッセージが表示されます。

ハードウェア コンポーネントの故障:ハード ドライブの故障や IDE ケーブルの故障などのハードウェアの故障によっても、このエラーが発生する可能性があります。ハードウェアの問題により重要なシステム ファイルにアクセスできない場合、コンピュータにエラー メッセージが表示されます。

構成ミス/障害のあるブート セクター:ハード ドライブ上の小さなセクションであるブート セクターは、ブート プロセスの開始を担当します。ブート セクタの構成が間違っているか、障害が発生すると、コンピュータが必要なファイルを見つけることができなくなり、NTLDR でエラー メッセージが表示されなくなる可能性があります。

BIOS に互換性がない、または古い:コンピューターの BIOS (基本入出力システム) が古いか構成が間違っている場合、オペレーティング システムとの互換性の問題が発生し、エラー メッセージが表示される可能性があります。

間違った起動順序:起動順序によって、コンピュータが起動可能なデバイスを検索する順序が決まります。 BIOS で起動順序が正しく設定されていない場合、コンピュータが不適切なソースから起動しようとし、エラーが発生する可能性があります。

リムーバブル メディアからの起動:起動不可能なフロッピー ディスク、CD/DVD、または USB フラッシュ ドライブをコンピュータに接続したままにすると、NTLDR が見つからないエラーが発生することがあります。システムは、指定されたブート ドライブではなく、これらのデバイスからブートしようとする場合があります。

Windows PC でこの起動の問題を解決するには、いくつかの方法があります。ここでは、NTLDR 欠落エラーを修正する方法をいくつか紹介し、問題を解決するためのさまざまな方法を示します。

コンピュータを再起動してください

場合によっては、このエラーは一時的な不具合によって発生する可能性があり、単純な再起動で解決できることがあります。多くのユーザーはクリーン再起動を実行するだけでこの問題を解決できます。したがって、NTLDR が見つからないというエラーが発生した場合は、まずコンピュータを新たに再起動し、問題が解決するかどうかを確認してください。

フロッピードライブと光学ドライブをチェックする

多くの場合、このエラーは、コンピュータがフロッピー ディスク、CD/DVD/BD、外付けハード ドライブ、フラッシュ ドライブなどの起動不可能なソースから起動しようとしているために発生します。この可能性を排除するために、フロッピー ドライブと光学ドライブを確認してみましょう。この方法を実行するための段階的なプロセスを次に示します。

1.起動不可能なフロッピー ディスク、CD/DVD/BD、外付けハード ドライブ、またはフラッシュ ドライブをコンピュータから取り外します。

2.コンピュータを再起動し、「NTLDR が見つからない」エラーが引き続き発生するかどうかを確認します。

3.エラーが解決した場合は、Windows がインストールされているハード ドライブが最初にリストされるように BIOS でブート順序を変更してください。

4.起動順序を変更するには、まずコンピュータを再起動し、起動中に特定のキー (通常は Del、F2、または F12) を押して BIOS 設定にアクセスします。

起動順序
起動順序

5. BIOS メニューの「Boot」または「Boot Order」セクションに移動します。

ブート
ブート

6.矢印キーを使用して、Windows がインストールされているハード ドライブをプライマリ ブート デバイスとして選択します。

7.必要に応じて、選択したハードドライブをリストの先頭に移動して起動順序を並べ替えます。

出口
出口

8.変更を保存し、BIOS 設定を終了します。

BIOS でドライブ設定を調整する

コンピューターの BIOS 設定によって、ドライブの使用方法が決まります。設定が正しくないと、NTLDR が見つからないなどのエラーが発生する可能性があります。そこで、BIOS にアクセスしてドライブ構成が正しいことを確認しましょう。起動順序には特に注意を払い、Windows がインストールされているハード ドライブが最初の起動デバイスとしてリストされるようにします。

1.コンピュータを再起動し、BIOS 設定にアクセスします。 BIOS に入るキーは異なる場合があります (一般的なキーには F2、Del、または Esc があります)。コンピュータのマニュアルを参照するか、起動時に画面上の指示を探してください。

2. BIOS 設定で、ドライブ構成セクションを見つけます。

3.ハードドライブおよびその他のドライブの設定が正しいことを確認します。自動設定を探します。よくわからない場合は、通常はこれが安全なオプションです。

4.変更を保存し、BIOS 設定を終了します。コンピュータが再起動します。

NTLDR および ntdetect.com ファイルの復元

NTLDR または ntdetect.com ファイルが見つからないか破損している場合、エラーが発生する可能性があります。これを解決するには、オリジナルの Windows XP インストール CD が必要です。これらの重要なシステム ファイルを CD から復元することで、NTLDR 欠落エラーを修正できる可能性があります。その方法については以下をご覧ください。

1.オリジナルの Windows XP インストール CD をコンピュータの CD/DVD ドライブに挿入します。

2.コンピュータを再起動し、Windows XP CD から起動します。

3.プロンプトが表示されたら、任意のキーを押して CD から起動します。

4. Windows XP セットアップ画面で R を押して回復コンソールに入ります。

5.修復する Windows XP インストールを選択し、プロンプトが表示されたら管理者パスワードを入力します。

6.コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、各コマンドの後に Enter キーを押します。

  • X:\名前\ntldr C:\
  • X:\name\ntdetect.com C: (X を CD/DVD ドライブのドライブ文字に置き換えます。)
Windows-XP
Windows-XP

7.コンピュータを再起動し、NTLDR 欠落エラーが解決されたかどうかを確認します。

boot.ini ファイルを修復または置換する

boot.ini ファイルには、ブート プロセスの重要な構成データが含まれています。構成が間違っているか破損している場合、NTLDR 欠落エラーが発生する可能性があります。この問題に対処するために、boot.ini ファイルを修復または置換し、Windows インストールに合わせて正しく構成されていることを確認します。

1.まず、「方法 4」の説明に従って、Windows XP インストール CD からコンピュータを起動します。

2.回復コンソールに入り、Windows XP インストールを選択します。

3.プロンプトが表示されたら、管理者のパスワードを入力します。

4.コマンド プロンプトで、bootcfg /rebuild (引用符なし) と入力し、Enter キーを押します。

コマンド・プロンプト
コマンド・プロンプト

5.プロンプトに従って、Windows XP インストールを boot.ini ファイルに追加します。

6.コンピュータを再起動し、エラーが解決されたかどうかを確認します。

新しいパーティションのブート セクタを書き込む

パーティションのブート セクタが破損しているか、正しく構成されていないこともエラーの原因となる可能性があります。この方法では、Windows XP インストール CD を使用して、新しいブート セクタをシステム パーティションに書き込みます。これは、NTLDR が見つからない問題の解決に役立ちます。

1. Windows XP インストール CD からコンピュータを起動します。

2.回復コンソールに入り、Windows XP インストールを選択します。

回復コンソール
回復コンソール

3.必要に応じて、管理者のパスワードを入力します。

4.コマンド プロンプトで「fixboot」と入力し、Enter キーを押します。

フィックスブート
フィックスブート

5.プロンプトが表示されたら、画面上の指示に従います。

6.コンピュータを再起動し、エラーが解決されたかどうかを確認します。

Windows XP マスター ブート レコードを修復する

マスター ブート レコード (MBR) が破損している場合、NTLDR でエラーが失われる可能性があります。幸いなことに、Windows XP インストール CD を使用して MBR を修復し、問題を解決できる可能性があります。これを行うには、以下の方法を実行します。

1. Windows XP インストール CD からコンピュータを起動します。

2.回復コンソールに入り、Windows XP インストールを選択します。

3.必要に応じて、管理者パスワードを入力します。

4.コマンド プロンプトでfixmbrと入力し、Enter キーを押します。

入力
入力

5.プロンプトが表示されたら、画面上の指示に従います。

6.コンピュータを再起動し、エラーが解決されたかどうかを確認します。

すべての内部データケーブルと電源ケーブルを取り付け直します

ケーブルの緩みや故障がエラーの原因となる場合があります。この方法では、コンピューターの電源を切り、ケースを開け、ハード ドライブやその他のドライブに接続されているすべてのデータ ケーブルと電源ケーブルを慎重に取り付け直します。これにより、安全な接続が保証され、ケーブル関連の問題が排除されます。

1.コンピュータの電源を切り、電源から抜きます。

2.コンピュータのケースを開け、ハード ドライブやその他のドライブに接続されているデータ ケーブル (IDE、SATA) と電源ケーブルを見つけます。

3.すべてのケーブルを慎重に取り外し、再接続し、しっかりと接続されていることを確認します。

4.コンピュータのケースを閉じ、電源に接続し直し、電源を入れます。

5. NTLDR 欠落エラーが解決されたかどうかを確認します。

NTLDR 欠落エラーの発生を防ぐためのヒント

トラブルシューティング方法とは別に、当社の専門家は、システムの健全性を最高の状態に保ちながら、NTLDR エラー メッセージを回避するためのヒントも共有しています。したがって、今後 NTLDR 欠落エラーが発生しないようにするには、以下の点に留意してください。

オペレーティング システムを最新の状態に保つ: Windows オペレーティング システムを定期的に更新してください。これらの更新には、NTLDR 欠落エラーなどの問題が予期せず発生するのを防ぐことができる重要な修正やセキュリティ パッチが付属していることがよくあります。

ハードウェアの変更は慎重に扱ってください:ハードドライブの追加や交換など、ハードウェアに変更を加える場合は、時間をかけて慎重に扱ってください。コンピュータの BIOS 設定で新しいハードウェアが正しく構成されていることを確認してください。起動順序を再確認し、プライマリ ブート デバイスとして正しいドライブを選択していることを確認してください。

外部ストレージ デバイスを安全に取り外す:誰もが、適切な手順を使用せずに、USB ドライブや外付けハード ドライブを急いで取り外すという罪を犯したことがあります。ファイルの破損を防ぐため、外部ストレージ デバイスを取り外す前に、オペレーティング システムが提供する [ハードウェアの安全な取り外し] オプションを必ず使用してください。

適切にシャットダウンする:プラグを抜いたり、電源ボタンを押したりして、コンピューターを突然シャットダウンする誘惑を避けてください。代わりに、オペレーティング システムが提供するシャットダウン オプションまたは再起動オプションを使用してください。これにより、すべてのシステム ファイルが適切に閉じられるようになり、ファイルが破損したり、NTLDR が見つからないエラーとして表示されるリスクが軽減されます。

重要なファイルをバックアップする:重要なファイルとデータを定期的にバックアップすることをお勧めします。これは、外部ストレージ デバイスまたはクラウドベースのソリューションを使用して実行できます。バックアップを作成しておくと、NTLDR 欠落エラーなどの予期しないエラーや障害が発生した場合でも、ファイルを簡単に復元できます。

信頼できるウイルス対策ソフトウェアを使用する:信頼できるウイルス対策ソフトウェアをコンピュータにインストールし、常に最新の状態に保ちます。優れたウイルス対策プログラムは、ファイルの破損を引き起こし、エラーを引き起こす可能性のあるマルウェアやウイルスからシステムを保護するのに役立ちます。

結論

当社の専門家は、コンピューターの再起動、フロッピー ドライブと光学ドライブのチェック、BIOS でのドライブ設定の調整、重要なシステム ファイルの修復など、NTLDR 欠落エラーのトラブルシューティングのための簡単な解決策を提供しました。

NTLDR および ntdetect.com ファイルの復元、boot.ini ファイルの修復または置換、新しいパーティション ブート セクタの書き込み、Windows XP マスター ブート レコードの修正など、各方法についてステップバイステップのガイドが用意されています。

さらに、今後の NTLDR 欠落エラーの発生を回避するための予防的なヒントも共有しました。オペレーティング システムを最新の状態に保つこと、ハードウェアの変更を慎重に処理すること、外部ストレージ デバイスを安全に取り外すこと、適切にシャットダウンすること、重要なファイルを定期的にバックアップすることはすべて重要な習慣です。

信頼できるウイルス対策ソフトウェアを利用すると、ファイルの破損やエラーの原因となるマルウェアやウイルスからシステムを保護することもできます。

これらのソリューションと予防策を実装することで、NTLDR 欠落エラーを確実に解決し、スムーズなコンピューティング エクスペリエンスを復元できます。読んでくれてありがとう!

「 [修正済み] 「NTLDR が見つかりません」エラー: 修正をマスターしてシステムを保存する」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」エラーを修正
【0xc0000098】Windowsが起動しなくなった時の対処法「ブート領域」復旧方法 “How to recover boot sector”