ホーム フィンテック 暗号通貨 非公開: アルトコインとは何ですか?なぜ注意する必要があるのですか?

アルトコインとは何ですか?なぜ注意する必要があるのですか?


アルトコインとは、「alternative」と「coin」を組み合わせた造語で、ビットコインの代替として存在する仮想通貨群を指します。最初の分散型ピアツーピアデジタル通貨として、ビットコインは多数の暗号通貨の出現を可能にしました。

ビットコインは依然として最初で最もよく知られているデジタル通貨ですが、アルトコインの出現は近年大幅に増加しています。

多くのアルトコインは、ビットコインの認識されている欠点に対処するために、競争上の優位性と革新的なソリューションを提供しようと努めています。これらの代替通貨は、トランザクション速度の高速化やセキュリティの向上など、ビットコインよりも改善されたものを提供することを目的としています。

アルトコインはどのように暗号世界に革命をもたらしているのか

ビットコインはサトシ・ナカモトによって初めて世界に紹介されましたが、その正体はまだ不明です。 ビットコインのホワイトペーパーは、 分散型台帳技術(DLT) を使用したブロックチェーン上に存在する、分散型でトラストレスなピアツーピアの現金ネットワークの概念を世界に紹介しました。

何千もの仮想通貨が市場に氾濫している中、なぜビットコインが仮想通貨業界の先駆者であり続けるのかを検討する価値はあります。

ビットコイン
ビットコイン

2009 年の創設以来、ビットコインは単なるピザの購入から世界第 6 位の通貨にランクされるまで急上昇しました。ただし、暗号通貨の世界はビットコインだけをはるかに超えています。誕生以来 10 年間で、暗号業界では利用可能な暗号通貨の数が爆発的に増加しました。

CoinGecko には、ビットコイン以外の 12,000 を超える暗号通貨がリストされており、それぞれがガバナンスからデータ オラクルの強化まで、さまざまな目的を果たしています。

ビットコインとアルトコインはさまざまな点で異なります。ビットコインのブロックの作成に使用されるプルーフ・オブ・ワークのメカニズムは、エネルギーと時間がかかる可能性があります。対照的に、アルトコインはプルーフ・オブ・ステークを採用し、検証プロセスをより効率的にし、エネルギー消費量を削減しています。

さらに、ビットコインのスマートコントラクト機能には制限がありますが、アルトコインは、より持続可能でスケーラブルなソリューションを提供することで、これらの批判に対処することを目指してきました。

アルトコインの種類

アルトコインの種類
アルトコインの種類

暗号通貨の世界がビットコインの誕生を超えて拡大するにつれて、それぞれに独特の機能とユースケースを持つ多くのアルトコインプロジェクトが登場しました。これらのコインは、代替コンセンサスメカニズムから特定の問題の解決に至るまで、元の暗号通貨とは一線を画すよう努めています。

採用レベルに関係なく、トップパフォーマンスのアルトコインは、ミームコインの領域を超えた幅広いアプリケーションを提供するという目標によって推進されています。アルトコインは、そのユースケースに基づいて大まかに分類できます。

#1.ステーブルコイン

ステーブルコインは価格の安定を約束する新しい種類のアルトコインであり、仮想通貨の不安定な性質から逃れたい人にとって魅力的な選択肢となっています。ステーブルコインの価値は通常、ユーロ、ポンド、米ドルなどの法定通貨、または金などの現物資産に固定されています。

特定のステーブルコインは、需要と供給の変化に応じて価格を調整するアルゴリズムも使用します。

これらのデジタル資産は、その価値を価格変動やボラティリティの際のバックアップとして機能する商品のバスケットに結び付けることで、全体的なボラティリティを低減するように設計されています。

従来の暗号通貨とは異なり、ステーブルコインの価値は限られた範囲内で変動するため、より予測可能な投資オプションとなります。最も人気があり人気のステーブルコインには、テザー (USDT)、 USDC コイン(USDC)、およびDai (DAI) があります。

#2.セキュリティトークン

デジタル証券またはトークン化された資産としても知られるセキュリティ トークンは、株式、債券、不動産、商品などの現実世界の資産の所有権を表す方法です。

ブロックチェーン技術を利用することで、これらのトークンは、これらの資産の分割所有、流動性の向上、および世界的な取引の機会を可能にします。従来の株式と同様、セキュリティ トークンは多くの場合、投資家に株式を提供し、その結果、所有権や配当金が支払われます。

投資家は通常、セキュリティ トークン オファリング (STO) または初期交換オファリング (IEO) を通じてセキュリティ トークンにアクセスできます。分散台帳に保存されるセキュリティ トークンは、有形資産のデジタルまたは流動的な株式を表し、株式と同等のブロックチェーンになります。

知的財産、車、不動産、その他の資産のいずれであっても、セキュリティ トークンはデジタル資産の新時代への道を開きます。人気のあるセキュリティ トークンには、 IMPT 、 Meta Music、 Aquarius Fund などがあります。

#3.ミームコイン

ミームコインは、人気があり、しばしばユーモラスなインターネットミーム文化に敬意を表して作成されました。これらのコインは、よく知られた暗号通貨のジョークや遊び心のある解釈に基づいていることが多く、インスピレーションの源となっているミームと同じように、バイラルになることを目的としています。

ミームコインは通常、供給量が豊富または無制限であり、これが単位あたりの価格の低さに貢献しています。ただし、より大きなコミュニティの一員であることと、ソーシャル共有やストーリーテリングの力を組み合わせることで、これらの資産への関心が維持されます。

最も人気のあるミームコインには、 Dogecoin (DOGE)、 Shiba Inu (SHIB )、 Baby Dogecoin (BABYDOGE) の 3 つがあります。ウィル・スミスをテーマにしたコインのような、有名人にインスピレーションを得たコインさえも市場に登場しました。

#4.マイニングベース

マイニングベースのアルトコインは、マイニングのプロセスを通じて存在する一種の暗号通貨です。これらのデジタル資産は、Proof-of-Work (PoW) メカニズムを利用して、トランザクションのブロックを検証してブロックチェーンに追加することによって生成されます。

有名なマイニングベースの暗号通貨には、 Zcash (ZEC)、 Monero (XMR)、 Litecoin (LTC) などがあります。

#5. AIコイン

AIの開発は近年目覚ましい進歩を遂げており、仮想通貨の世界とAIが融合する可能性はますます高まっています。サム・アルトマン氏とイーロン・マスク氏の支援を受けたOpenAIは、ブロックチェーン上で直接対話できるAI搭載のチャットボットであるChatGPTを開発した。

AI 仮想通貨取引ボット
AI 仮想通貨取引ボット

これは、セキュリティとスケーラビリティの向上から、ユーザー エクスペリエンスの向上や市場予測に至るまで、幅広い影響を与える可能性があります。さらに、開発者は革新的なテクノロジーを使用してアプリケーションやサービスを作成できるため、より効率的で透過的なシステムが実現する可能性があります。

また、分散型 AI マーケットプレイス、AI を活用したポートフォリオ管理、予測、画像生成、パスファインディング、自律組織などの AI プロジェクトのインフラストラクチャを提供する AI トークンも開発されています。

これらのトークンは、その所有者にガバナンス権限を付与したり、AI プラットフォームでの取引を促進するために使用したりすることもできます。最も人気があり、トレンドになっている AI コインは、 The Graph (GRT)、 Fetch (FET)、 Ocean Protocol (OCEAN) です。

#1.イーサリアム (ETH)

イーサリアム
イーサリアム

時価総額の点で 2 番目に大きい暗号通貨として、BTC 2.0 とも呼ばれるイーサリアムは、デジタル資産分野で波紋を広げています。プルーフ・オブ・ワーク・コンセンサス・メカニズムに基づいて動作するビットコインとは異なり、イーサリアムは2022年9月に「マージ」として知られる実装が成功した後、プルーフ・オブ・ステークプロトコルに移行しました。

このコンセンサスメカニズムの変化により、環境的にも経済的にもよりコスト効率の高い速度でトランザクションを処理できるようになり、イーサリアムのスマートコントラクトとの互換性を通じて、ブロックチェーンテクノロジーのより包括的な潜在的な用途が開かれました。

#2.リップル(XRP)

リップルは、ブロックチェーン技術を利用して国際決済を容易にする決済プラットフォームです。効率的で低コストのトランザクションと高速な処理速度を誇ります。同社は、そのテクノロジーを使用する多くの金融機関と提携しています。

一般に信じられていることに反して、リップルは暗号通貨ではありません。ただし、個人が投資できるXRPと呼ばれる暗号通貨トークンはあります。

#3.ライトコイン(LTC)

ライトコイン(デジタル シルバーとも呼ばれます) は、ユーザーが迅速かつ手頃な価格で世界中に資金を送金できるようにするピアツーピア (P2P) 暗号通貨ネットワークです。

ビットコインのフォークとして開発されたライトコインは、ビットコイン ネットワークが直面する 3 つの重要な課題、つまりトランザクション速度の遅さ、ネットワークの混雑によって引き起こされるスケーラビリティの問題、およびマイニング プールの集中化に対処することを目的としています。

アルトコインのメリット

アルトコインとビットコインの比較
アルトコインとビットコインの比較

ビットコインには暗号化プロトコルがあり、主に通貨として使用されます。ただし、アルトコインはより幅広い機能を備え、より多様な価値要因を提供するため、ポートフォリオの多様化を目指す投資家にとってより魅力的です。

  • 機能の向上:アルトコインは、デジタル通貨として機能するだけでなく、より多くの機能を提供します。これらにより、ピアツーピア金融、自動化、トランザクションに関する信頼の構築などの業界での新しいユースケースが可能になります。
  • 多様な価値推進力:アルトコインには、スマートコントラクトプラットフォーム、DeFiアプリ、NFT、分散ストレージプラットフォームなど、さまざまな価値推進力があり、消費者と企業が対話し、運営を管理するための新しい方法を可能にします。
  • より多くの投機的資産へのアクセス:デジタル資産への機関投資が拡大しており、ビットコインを超えたより多くの投機的資産への投資が可能になっています。
  • より安価な価格帯:暗号通貨への関心が高まるにつれ、投資家は低価格と高い成長の可能性を提供するアルトコインの機会を求めています。
  • ビットコインの欠点への対処:イーサリアムやソラナなどのアルトコインは、スケーラビリティ、セキュリティ、コストの問題など、ビットコインの制限に対処するために作成されました。

アルトコインが暴落する理由

アルトコインがなぜ暴落するのかを理解する
アルトコインがなぜ暴落するのかを理解する

暗号通貨市場は、暗号通貨の価値が有形資産に基づいていないことが主な理由で、非常に不安定であるという特徴があります。

アルトコインが失敗する理由をいくつか挙げます。

  • 本質的価値評価に対する現実世界の裏付けの欠如。
  • 仮想通貨市場のボラティリティの高さ。
  • 購入資金のレバレッジへの依存が高まると、流動性の問題が発生します。
  • 販売活動が活発な時期には、買い手が少なくなります。
  • 大規模な取引による市場の動揺による機関投資家の取引困難。
  • 州の規制と暗号通貨に対する取り締まりによる悪影響。
  • ブロックチェーンとネットワークのセキュリティに関する懸念。株式市場とそのボラティリティとの関連性。

アルトコインに投資する前に考慮すべき要素

暗号ホワイトペーパーを分析することは、プロジェクトの目標と戦略の概要を提供するため、暗号通貨を評価するために非常に重要です。ホワイトペーパーには、トークンの配布、供給制限、トークンの鋳造と燃焼に関する情報などのトークンノミクスが含まれています。

プロジェクトの背後にあるチーム、その目標、およびその達成計画を理解することも重要です。ホワイトペーパーが不足している場合、またはスペルや文法上の誤りがある場合は、重大な警告サインと見なす必要があります。

暗号通貨の有用性は、暗号通貨市場に投資する際に考慮すべきもう 1 つの重要な要素です。

スマートコントラクトやNFTプロジェクトに広く使用されているイーサリアムなど、一部の暗号通貨は実用的な目的を果たしています。ビットコインのような分散型デジタル通貨も、支払いや価値の保存に広く使用されています。

ベーシック アテンション トークン (BAT) のようなユーティリティ トークンは、Brave ブラウザ上の広告の支払いなど、特定の目的を果たします。一方で、ミームコインのような一部のコインはジョークとして存在しており、持続可能な価値を持たない可能性があります。

仮想通貨市場におけるリスクを理解し、情報に基づいた投資決定を下すことが重要です。

結論として、経済における暗号通貨を規制することは大きな利益をもたらす可能性があります。今後は、適切な規制を通じてリスクを軽減しながら、デジタル資産の進歩のバランスをとることが重要です。

最高の Web 3.0 暗号とデジタル ウォレットを探索することもできます。

「アルトコインとは何ですか?なぜ注意する必要があるのですか?」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【ビットコイン & アルトコイン 分析】三尊形成!弱い相場が継続📉狙えるポイントを解説! #bitcoin #btc #ビットコイン
アルトコイン急落の可能性を警戒せよ。