ホーム テクノロジー AI ロボット、IoT、人工知能がデジタル変革をリード

ロボット、IoT、人工知能がデジタル変革をリード


ロボット、モノのインターネット (IoT)、人工知能 (AI) はデジタル変革の主要な推進力であり、世界により良い生活とビジネスの運営方法を提供します。

これら 3 つのテクノロジーを組み合わせることで、ビジネス、産業、経済の労働文化の形を変える可能性があります。各テクノロジーは個別にシステムを独自に制御しており、現代のユーザーの日常的な活動に不可欠です。

人々はこれらのテクノロジーを使用して、複雑な作業スケジュールを支援できるインテリジェントな動作を模倣します。私たちの生活のほぼあらゆる側面で、AI、IoT、ロボットのユースケースのリストは尽きることがありません。

医療や外科手術の正確な実行、製造、デジタル マーケティングなど、これらの最新テクノロジーはあらゆる場所に存在します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、あらゆる場所で人工知能の成長がさらに加速しました。輸送サービスを含む多くの業界は、テクノロジーへの投資を削減したいと考えていました。

Grand View Researchによると、AI の年間成長率は 2022 年から 2030 年まで約 38.1% ですが、 Mordor Intelligence は、産業におけるロボットの年間成長率は 2021 年から 2026 年まで 17.45% であると述べています。IoT 市場は、 2022 年から 2027 年までの CAGR は 10.53% です。

また、IoT と AI は完璧な組み合わせであり、AIoT として識別できます。これは、両方が同時に効率的に仕事を実行して、最高の顧客エクスペリエンスを提供できることを意味します。あなたの未来はすでに賢明です。 IoT、ロボット、AI でさらにスマートに。

IoT、ロボット、AIとは何ですか?

IoTとは何ですか?

IoT またはモノのインターネットとは、インターネットに接続され、他のデバイスとデータを共有する物理オブジェクトを指します。これには、センサー、ソフトウェア、処理能力、その他多くのテクノロジーが含まれています。 IoT デバイスは、さまざまな通信ネットワークを介してさまざまなシステムやデバイスに接続し、データを交換します。

IoT は現在最も使用されているテクノロジーです。キッチン家電であれ、セキュリティ モニターであれ、IoT を使用すると、組み込みデバイスを介してオブジェクトをネットワークに接続できます。今では、プロセス、人、物間のコミュニケーションが何の障害もなく可能になります。

人間による干渉が少ないため、物理オブジェクトはクラウド、モバイル テクノロジー、分析、ビッグ データ、クラウド コンピューティングなどを通じてデータを共有し、収集できます。

IoT の例:スマート火災警報器、ドアロック、自転車、医療センサー、フィットネストラッカー、冷蔵庫、セキュリティシステム、スマートウォッチなど。

ロボットとは何ですか?

人間の労力に代わって自動的に動作する機械はすべてロボットと呼ばれます。チップ内に設定されたプログラムに従って、人間のような機能をより正確に実行できます。

簡単に言うと、ロボットとは、環境を感知し、計算によって意思決定を行い、現実世界で役立つアクションを実行できる自動操作の機械です。

ロボット工学の分野では、エンジニアリングと操作、ロボットの設計、その他多くのタスクが扱われます。 3D プリントであれ、コグニティブ コンピューティングであれ、次世代セキュリティであれ、ロボットはタスクを効率的に実行します。

ロボットは、医療現場で外科医が手術や縫合手術を行うのにも役立ちます。コインのように小さいロボットもあれば、トラックまたはそれ以上に大きいロボットもあります。

ロボットの例:ロボット玩具、ロボットキット、ロボットアシスタント、ロボット犬アイボ、ロボット掃除機など。

AIとは何ですか?

本物の人間のように考え、人間のような行動を実行するように人間によってプログラムされた機械の中にある人間の知能のレプリカは、人工知能または AI と呼ばれます。言い換えれば、人間の精神のように働き、行動から新しいことを学習し、それを適応させ、学習に従って問題を解決する機械を AI と呼びます。

単純なタスクであっても複雑なタスクであっても、AI はデータを学習し、推論し、認識することを目的としています。タスクを簡単に模倣して実行できます。また、新しいシナリオに簡単に適応するための深層学習や機械学習などの概念も含まれています。

人工知能には 4 つの種類があります。

  • 純粋に反応性のある
  • 限られたメモリ
  • 心の理論
  • 自己認識

AI の例:自動運転車、電子メール スパム フィルター、ロボ アドバイザー、Siri、Alexa、Netflix のおすすめ、会話型ボット、スマート アシスタントなど。

なぜIoT、ロボット、AIが必要なのでしょうか?

これらの最新テクノロジーが必要な理由を理解しましょう。

IoTのメリット

IoT は、データ共有機能を強化し、生活を楽にするために使用される重要な一連の技術です。以下は、現代世界で IoT を使用する利点の一部です。

より有用なデータ、より良い意思決定

デバイスのパフォーマンスを向上させるには、大量のデータを収集することが不可欠です。現代の多くの企業は、マーケティングに必要な情報を入手し、IoT デバイスの使用を長期にわたって強化するために IoT の力を感じています。

たとえば、冷蔵庫が数日間の食品品質に耐えられることはわかっていても、その消費電力、水が氷に変わる平均時間、温度などはわかりません。IoT を使用すると、これらの追加情報を取得できます。

メトリクスの監視と追跡

IoT には、家庭にある物の品質を追跡する機能があります。監視および追跡機能により、企業はこれらのデバイスを使用してリアルタイムでより多くのデータを収集し、販売するすべての製品をサービス時間とともに更新し続けることができます。

自動化で負荷を軽減する

複雑な作業をしても重く感じることはありません。 IoT デバイスは時間とコストを節約するためにほとんどの作業を実行します。薬を購入する必要があるときに通知してくれるソフトウェア ソリューションを想像してみてください。

ここで、物、データ、時間などを設定するなど、人間が少し介入するだけで、IoT はすべてのアクションを独自に実行できます。これにより、人間の労力が軽減され、他の必要な作業に集中できるようになります。

効率の向上

人間の貴重な時間を節約できるので、不必要な投資からお金も節約できます。たとえば、電球がスマート電球として機能し、部屋に人がいないときに自動的にオフになる場合は、電気代を節約できます。

IoT デバイスは多くの便利な実装を提供し、マシン間の通信を促進します。これにより、企業とユーザーの両方の効率が向上します。それだけでなく、リソースの過剰使用を防ぐこともできます。

生活の質

すべての利点を理解すると、IoT デバイスが私たちの生活と仕事の方法を向上させ、より良い生活の質を提供することは明らかです。物の追跡や注文、照明の消灯から重要なタスクの管理に至るまで、IoT は確実にストレスを軽減し、より良い生活をもたらします。

毎日運動する人は、心拍数、水分補給、体温などを記録して完璧な体調を維持し、定期的に健康状態を監視できます。私たちの生活をより良くするために特定のことを処理してくれる IoT デバイスのおかげで、忙しい毎日にあらゆることに常に気を配ることは非常に困難です。

ロボットの利点

ロボットは企業と個人の生活を向上させています。ロボットには次のような利点があります。

スピード

ロボットには仕事の合間の休憩も、休暇や休暇も必要ありません。気分が悪くなったりストレスを感じたりすることはなく、トレーニング プログラムや会議も必要ありません。彼らは割り当てられた時間内で効率的に作業し、生産プロセスをスピードアップします。

安全性

重機を使って一連の製品を製造する際には、いくつかの事故のリスクが伴います。ロボットは高い温度と作業負荷に耐えることができるため、そのリスクを負います。そして、たとえ何か問題が起こったとしても、彼らは傷つくことはありません。簡単に修理できます。危険なプラットフォームで働く従業員は安全になり、医療費も節約できます。

完璧

ロボットは反復的かつ正確な動作を行うようにプログラムされているため、間違いを犯す可能性は低くなります。ロボットは従業員と品質管理検査員の仕事を同時に処理します。このようにして、企業はリソースと時間を節約し、1 日に多くの製品を生産します。

一貫性

ロボットは、いかなる事柄や多くのことに関与する必要がないため、一貫して動作します。彼らは個人的に行うべき仕事を持っていないため、指定された時間内に完璧に割り当てられた仕事を完了します。自動化は、手動による手段よりもロボットを使用した方がはるかに優れており、信頼性が高くなります。

雇用創出

私たちは皆、ロボットが従業員の地位を奪っている、あるいは仕事を奪っていると誤解しています。本当じゃない;彼らは私たちの仕事を容易にするだけであり、場合によってはより多くの人を雇用することができます。企業はロボットを監視および監督する人を必要としています。さらに、ロボットを作るのも人間に求められます。

生産性

この成長する世界において、生産性は常に大きな懸念事項です。ロボットは製品の製造を支援し、市場でうまく機能するためのタスクを実行します。彼らは顧客と話し、ソーシャルメディアのコメントに答え、マーケティングとブランディングを支援し、電子メールに応答し、製品を販売します。

AIのメリット

AI は人間の知能に代わるものであり、今日の日常生活において非常に重要です。それは私たちの生活を簡素化しました。 AI の利点には次のようなものがあります。

強化された自動化

多くの業界や企業は、AI を使用して、手動では困難な作業を伴うワークフローを自動化しています。また、AI システムを使用することで、企業は労力を削減し、プロセスを加速し、時間を節約できます。 AI を使用してこれらの利点を提供するさまざまなアプリケーションや Web サイトが見つかります。このようにして、人間の介入なしでタスクを完了できます。

タイムセーバー

同じタスクを何度も実行するのは面倒で時間もかかります。日常的なタスクや面倒なタスクを AI で処理することで、時間を節約し、他の重要な作業に集中できます。顧客は実店舗で並ぶことなく簡単に商品を手に入れることができ、企業は質の高いサービスを効率的に提供することで時間を節約できます。

複雑な問題を簡単に処理

AI は、ディープラーニングなどの高度な機械学習の概念を使用して、医療診断、不正行為の検出、複雑なタスクの管理、天気予報などの複雑な問題を解決します。

たとえば、PayPal は AI を使用して顧客の購入履歴を追跡し、パターンを確認することで不正行為を検出します。高度な AI アルゴリズムにより、特定のトランザクションが偽物であるかどうかを判断できます。

生産性の向上

AI システムは、企業が世界中でより良いサービスを提供するのに役立つ便利なツールです。中小企業から大企業まで、今日ではあらゆる企業が何らかの形で人工知能を使用して、リスクが高く時間のかかるタスクを管理し、生産性を向上させています。

AI ボットは、自然言語処理や深層学習などの機械学習の概念を使用して、法的文書を分析し、法的エラーを修正し、熟練した法律専門家と協力して AI ベースのスコアリングなどを提供することで用語を明確にします。

生活をもっと楽に

誰もがテクノロジーを愛しており、AI システムは企業から個人に至るまで、すべての人にとってお気に入りのテクノロジーの 1 つとなっています。タスクを自動化して高速化することで、すべての人の生活をよりシンプルかつ簡単にします。たとえば、今日の世代は誰もが、Alexa、Cortana、Siri などの AI ベースの仮想アシスタントを使用して、さまざまなデバイスと対話しています。

IoT、ロボット、AIの応用

IoT、ロボット、AI が何であるかを理解したところで、私たちの生活における実際の用途を理解しましょう。

セキュリティにおけるIoT

セキュリティは明らかに大きな懸念事項であり、そのためにさまざまな企業が幅広い IoT デバイスを提供しています。煙感知器、アクセス制御パネル、ビデオ監視カメラ、ガスセンサー、セキュリティカメラ、車両追跡装置など、複数の IoT デバイスを見つけることができます。

それは違います。消費者は、スマートウォッチ、スマートフォン、スマート家電によって制御されるスマート ドア ロックを使用して、泥棒から家を守ります。政府は IoT テクノロジーを使用して、野生動物の安全を追跡し、深刻な影響を受けた交通を監視し、自然災害の警報などを行っています。

データ予測における AI と IoT

データ予測はあらゆる分野にとって不可欠です。 AI アプリケーションは、データを予測することで、IoT のダウンタイムの回避、運用効率の向上、リスク管理の向上、新しいサービスの創出を可能にします。

一方、データ予測とは、リスクに優先順位を付けることを意味します。 AI と IoT を単一のコンテナーに配置することで脅威を効果的に特定し、あらゆるネットワーク上のマルウェアを発見し、侵入を検出し、対応をガイドできるようになります。これにより、セキュリティを損なうことなく、リアルタイムでより適切なビジネス上の意思決定を行うことができます。

小規模タスク用の自律型ロボット

自律ロボットには、さまざまなセンサー、熱画像ソフトウェア、複数の機能などが装備されています。これらのアイテムは、被害者だけでなく法執行官を救うためにも使用されています。自律型ロボットを使用すると、エラーの削減、生産性と効率の向上、従業員の安全基準の向上という 3 つの大きな利点が得られます。

AI ロボットは、人間の介入をほとんど行わずに、世界中で犯罪と戦うために一般的に使用されています。警察ロボットは、危険なときに逮捕、停止、その他の激しい状況に対処するために作られています。瓦礫の撤去から監視、事故現場への爆弾の爆発に至るまで、自律型ロボットは犯罪と戦うために広く使用されています。

例:芝刈りボット、ホスピタリティ ボット、自律型ドローン、清掃ボット、製造業のロボットなど。

データの追跡と管理

IoT は、追跡および管理できる貴重なデータと洞察を生成します。

例えば、在庫管理システムの場合、すべての商品にRFIDタグが付いているので、各商品の追跡が容易になります。ノートパソコンやスマートフォンからあらゆるアイテムをリアルタイムで追跡できます。

人工知能を使用して、自動運転トラックが周囲の位置や物体を感知し、適切な速度と方向で走行できるようにします。

たとえば、テスラのセミやウーバーの自動運転車は、追跡および管理テクノロジーを使用して、どんな道路でも安全に運転します。

カスタマーエクスペリエンス

IoT デバイスは、問題をサポート チームに自動的に伝達するのに役立つため、エンジニアや専門家は問題をより迅速に解決できます。

たとえば、さまざまな AI ベースのアプリケーションはチャットボットを使用して、問題に関して顧客とコミュニケーションを取り、独自に問題を解決してユーザー エクスペリエンスを向上させようとします。

もう 1 つの例は、スマート冷蔵庫です。あなたの家の冷蔵庫が中身を冷やすことができなくなったとします。問題を把握して解決するために、技術者に電話する必要はありません。上隅にある小さな穴がロボットのように機能します。カスタマーサービスに電話して、その穴の近くに電話スピーカーを置きます。結果が届くまで何時間も待たずにすぐに結果が得られ、自分で修正することもできます。

オートメーション

業務をより迅速かつシンプルにするために、あらゆる企業で自動化のニーズが急増しています。意思決定能力を強化し、ワークフローを合理化するのに役立ちます。反復的なタスクを自動化すると、時間を節約し、重要な部分に集中することができます。自動化には基本的に 3 つのコンポーネントがあります。

  • AI は、複雑なアルゴリズムと機械学習の概念を使用してデータを分析し、企業が正確な予測を立てるのに役立ちます。
  • ビジネス ワークフローの自動化は、明らかにワークフローを自動化し、一貫性の明確な全体像を提供します。
  • ロボティック プロセス オートメーション。ボットを使用して、フォームへの入力、データの抽出などのさまざまなタスクを完了します。

例:ソフトウェア ロボット、データ クリーニング スクリプト、スマート ホーム通知、自動運転車、IVR など。

接続品質管理

顧客満足度は極めて重要であるため、あらゆる企業は高品質の製品とサービスを提供することを目指しています。この目標を達成するには、AI と IoT ベースのソリューションを採用する必要があります。品質は製造後に決定され、検査段階では、寸法の問題により最大のアイテムが不合格になります。

このようなエラーを回避するために、業界ではロボット技術を導入して製品を製造し、精度と品質を維持しています。こうすることで、欠陥を簡単に検出し、製品を改善し、コストを節約できます。

例:家具メーカーのイケアは、製品の品質を高めるためにボードを自動的に製造します。また、自動ラミネートも実行してボイドを防ぎます。

スマートホーム

スマート ホームはスマート アプライアンスで構成されます。簡単に言うと、インターネット接続を通じてどこからでもデバイスや電化製品を自動的に制御できるシンプルな家庭用セットアップです。

スマートホームは自己適応スキルを備えているため、所有者のスケジュールを学習し、それに応じて調整できます。照明、エアコン、ファンの動作を制御することで電力を節約できます。スマート ホームには、クイック通知を通じて動きを即座に警告できるセキュリティ アラームも含まれています。

例:スマート ドアベル、スマート セキュリティ システム、モーション センサー ライトとファン、煙突などのスマート アプライアンスなど。

スマート産業

産業変革またはインダストリー 4.0 は、スマート産業と呼ばれます。言い換えれば、これは、作業を容易にするために業界でスマートな自動機械を使用する実践です。スマート IoT ソリューションは、センサーからの真の洞察を使用して、人間の介入とコストを削減することで効率を高めます。

スマート産業への切り替えは、製品の品質の向上、運用コストの削減、より多くの洞察、従業員と顧客の満足度の向上、リソースへのダメージの最小限など、多くの利点をもたらします。

例:コネクテッド ロジスティクス、スマート教育、スマート ビルディング、スマート マイニング、グリッド管理、スマート交通機関など。

IoT、ロボット、AI の未来は何ですか?

IoT、ロボット、AI は、ほぼすべての分野で急速に成長しています。今日のエコシステムでは、これら 3 つのテクノロジーがビジネス プロセスとライフスタイルの形成に重要な役割を果たしています。

データはあらゆる産業を運営するための燃料です。 IoT、ロボット、AI は、メトリクスとデータを追跡し、管理し、有用な洞察を得るために異なる方法で動作します。これは、顧客により良いサービスと製品を提供し、顧客エクスペリエンスを向上させ、何度も戻ってくるよう促すのに役立ちます。企業以外にも、これらのテクノロジーは個人や家庭の生活をより良くするのに役立ちます。

今後数年間で、IoT、AI、ロボットの利用がさらに増加し​​、個人や企業にさらなるメリットがもたらされることが予想されます。

人気のあるロボット プロセス オートメーション ツールをいくつか見てみましょう。

「ロボット、IoT、人工知能がデジタル変革をリード」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【日本初!】AI・IoT・ロボット/ゲーム・CG…「情報系」の新大学、東京国際工科専門職大学の魅力とは?
【AI×労働】人工知能に仕事を奪われるのは誰か?AI、IoT、ロボットが革命を起こす人類の次なるステージとは?(第四次産業革命と雇用の未来 100億人の教養-VOL.14114)