ホーム テクノロジー ネットワーキング 知っておくべき 10 の一般的なネットワーク接続方法

知っておくべき 10 の一般的なネットワーク接続方法


企業では、ビジネス プロセスの実行を支援するために、イーサネット ケーブル、Bluetooth 接続、モバイル接続などのネットワーク接続方法が使用されています。

「ネットワーク接続」という言葉は一目瞭然です。ネットワークのさまざまなコンポーネントを接続するプロセス、その構造、および各部分がどの程度適切に相互に接続されているかについて説明します。

セキュリティとデータ保護のリスクが増大することを考慮すると、組織のセキュリティとネットワークの信頼性を確保するために、ネットワーク接続にも保守作業員とネットワーク管理者が関与します。

これは、組織ネットワークを攻撃から保護し、データを保存し、風評被害を防ぐのに役立ちます。

この記事では、組織に最適な方法を選択できるように、さまざまなネットワーク接続方法について説明します。

さっそく入ってみましょう!

ネットワークとは何ですか?

ネットワークは、リソースを効果的に共有し、ファイルを交換し、その他の機能を実行するための 2 つ以上のシステム間のリンクを表す簡単な用語です。これは、サーバー、ネットワーク デバイス、メインフレーム、コンピューター、周辺機器などの集合体です。

言い換えれば、ネットワークは、ワイヤレス接続またはケーブルによる 2 つ以上のコンピュータ システム間のリンクとして定義されます。したがって、最適なネットワーク接続を確保するには、企業がネットワーク デバイスを他のシステムに接続するために使用できるさまざまな方法を理解する必要があります。

ネットワーク接続とは何ですか?

ネットワーク接続は、社内全体でデータを収集、アクセス、利用、共有できるようにするプロセスです。アクセス ポイント、ゲートウェイ、ルーターを介してネットワークの複数の部分を接続します。

たとえば、アプリケーションや Web サイトは、トランザクションの実行などの特定のプロセスを完了するために相互に通信する必要があります。また、インストール中のリソースのバランスを取るのにも役立ちます。

効果的な通信を有効にするには、アプリケーション プログラムとプロセッサがいくつかの共通ルールをサポートする必要があります。アプリケーション プログラムはさまざまなプログラミング言語に従い、プロセッサには複数のオペレーティング システムが搭載されています。また、それぞれの位置が異なる場合があります。したがって、これらのシステム間の物理接続を確立する必要があります。

ネットワーク接続は、接続と速度の向上を可能にするさまざまな方法で機能します。ケーブルの少なくとも 2 つのセグメントを接続するさまざまなデバイスや機器が使用されます。ここで、複雑なデバイスは 2 つの相反する目的を果たします。

  • 大規模なネットワークをサブネットまたはセグメントに分割するために使用されます。
  • 小規模なネットワークを大規模なネットワークまたはインターネットに結合するために使用されます。

ただし、それほど複雑ではない接続デバイスではどちらも機能しません。これらのデバイスは通常、ネットワーク上のシステムの接続ポイントとして使用され、ネットワークに接続されたコンピューターの信号を増幅して、送信できる距離を延長します。

ネットワーク アナリストやネットワーク管理者などの IT プロフェッショナルは、接続をネットワーク パズルの 1 つのピースと呼んでいます。たとえば、車両ネットワークとアドホック ネットワークは、複数の接続モデルで動作する新しい種類のネットワークです。

さらに、ネットワーク接続では、データ、デバイス、ネットワークを保護するためにネットワーク管理者とセキュリティ専門家も雇用します。さらに、ping コマンドまたは Linux (telnet、ncat、wget、Nmap、curl など) を利用して、2 つのエンドポイント間のネットワーク接続を簡単にテストし、ネットワークの問題をトラブルシューティングできます。

有線接続ソリューションと無線接続ソリューションの違い

有線ベースの接続ソリューション

有線ベースの接続とは、ケーブル テレビ、イーサネット ケーブルを介したインターネット アクセス、光ファイバー通信などの有線通信を介した情報の送信を指します。このソリューションは多くの企業で使用されており、多くの利点を提供します。

同軸ケーブル、光ファイバー、ツイストペアは、世界中で最も一般的に使用されている有線ネットワークです。 PC間の通信にイーサネットケーブルを使用するため、有線構成のメンテナンスも簡単です。小規模なネットワークの場合は、単一のルーターを使用してすべてのデバイスを接続できますが、大規模な有線接続では、その作業に複数のスイッチまたはルーターが必要になります。

ここで必要なのは、イーサネット ケーブルをコンピュータに接続し、ケーブルのもう一方の端をハブのイーサネット ポートに接続することだけです。ハブとコンピューター間の接続をセットアップするだけで、信頼性の高い高速インターネットをお楽しみいただけます。

有線ベースの接続を使用すると、次のようなさまざまな利点があります。

  • 信頼性: 有線ネットワークが適切に構成されている場合、信頼性が提供されます。イーサネットとスイッチが適切にインストールされると、最終結果は非常に安定します。
  • 可視性: 追加の有線ネットワークは接続を表示できません。したがって、同時に接続に干渉はありません。
  • 安定性: 完璧なワイヤーベースの接続は安定性を提供し、作業全体を通して安定した接続を意味します。
  • セキュリティ: ネットワーク接続は、必須のセキュリティ アプリケーションとファイアウォールで構成されている場合、不要なアクセスから保護されます。
  • コスト: イーサネット ケーブル、スイッチ、ハードウェア、ルーターは、ワイヤレス テクノロジーに比べて比較的コスト効率が高くなります。
  • 速度: 高度なテクノロジーにより、データ速度は継続的に向上します。有線接続では隙間がなくなり、高速なアクセスが可能になります。

ワイヤレス接続ソリューション

ワイヤレス接続とは、ワイヤを使用しないネットワーク デバイス間のデータ送信または電気通信を指します。ここで、電磁波は、データ通信パス上で信号を伝送する目に見えないケーブルとして機能します。

Bluetooth、WiFi、RFID、Cellular、Zigbee などは、一般的に使用されるワイヤレス テクノロジーです。ワイヤレス接続により、企業はネットワークから切断されることなく、どこからでもあらゆるデータにアクセスできます。従来のネットワークでは生産性やチームワークが得られないことが多いため、ワイヤレス ネットワーク接続が登場します。

世界は急速にモバイル化が進んでいます。幅広い課題に対処するには、従来のネットワーク化の方法だけでは十分ではありません。有線接続したいときは、決まった場所に固定されてしまいます。

しかし、ワイヤレス接続を使用すると、その境界がなくなり、接続を切断せずにどこにでも自由にアクセスしてローミングできるようになります。ワイヤレス接続を使用する利点は次のとおりです。

  • 簡単なアクセス: ワイヤレス接続では、通信にケーブルやワイヤーは必要ありません。したがって、ユーザーはネットワークに接続している間、どこにでも移動できます。これにより、生産性が向上します。
  • 柔軟性: ユーザーはどこからでもネットワークに簡単にアクセスできるため、利便性が高まります。最新の構成に合わせてネットワークを簡単に更新することもできます。
  • 拡張性の強化: アプリケーションの特定の要求を満たすようにワイヤレス接続を簡単に設定できます。
  • より広い到達範囲: ワイヤレス接続を使用すると、ワイヤーやケーブルがアクセスできない組織内のあらゆる場所に接続を拡張できます。
  • 効率: ワイヤレス テクノロジーを使用すると、異なるシステム間のデータ転送が向上し、より高速になります。

次に、システムの接続に使用できるさまざまなネットワーク接続方法について説明します。

イーサネットケーブル

イーサネット ケーブルは有線接続方式で提供され、コンピュータをルーターに物理的に接続してインターネット接続にアクセスし、企業内の共有ネットワーク リソースと対話できるようにします。

つまり、イーサネット ケーブルは、ネットワーク スイッチ、モデム、またはルーターからコンピュータまで延び、LAN またはインターネット アクセスへのアクセスを提供するコードまたはワイヤです。ここでは、ケーブルの一端をルーターまたはモデムに接続し、もう一端をコンピュータに接続する必要があります。イーサネット ケーブルは制限があり、扱いにくいように見えるかもしれませんが、インターネット接続の安定性と速度が向上します。

イーサネットケーブルの種類

同軸ケーブル: 高周波電気信号を最小限の損失で伝送し、10Base5 および 10Base2 イーサネット バリアントを使用します。かもね:

  • 硬線同軸ケーブル
  • RG-6同軸ケーブル
  • トライアキシャルケーブル

ツイストペアケーブル: クロストークや干渉を低減するために、2 本の絶縁銅線を互いに撚り合わせた銅線ケーブルです。 100BASE-T、10BASE-T、およびその他の新しいバリアントが使用されます。かもね:

  • シールド付ツイストペアケーブル
  • シールドなしツイストペアケーブル

光ファイバーケーブル: テフロンまたは PVC で作られた複数の層のクラッド材料で囲まれたガラスコアで作られた光ファイバーを使用します。これらのケーブルの背後にあるコンセプトは、信号に干渉がないように光信号の形で情報を送信することです。かもね:

  • シングルモードファイバー
  • マルチモードファイバー

専用線

専用線は、中断することなく 2 つ以上のアプリケーションやサイトを簡単に相互接続する安全な専用通信チャネルです。顧客とプロバイダーの間のサービス契約を指します。専用専用線は、2 つのポイント間の固定速度でのノンストップのデータ フローを保証することを目的としています。

専用線ネットワーク接続の使用は、インターネットや電話サービスなどで一般的です。高速で高品質な帯域幅は光ファイバー ケーブルに依存します。一般的に、さまざまな場所のオフィスにある PC とサーバーをリンクし、インターネットに接続し、通話を行うなどに使用されます。

専用線接続は、より高速な接続速度、クラウド コンピューティングへの簡単なアクセス、強力な信号、HD ビデオをサポートする機能、費用対効果、高セキュリティ、低遅延機能を提供します。

ISDN

ISDN (Integrated Services Digital Network) は、デジタル回線を介してデータを簡単に送信できる回線交換ネットワーク システムです。たとえば、1 つのチャネルが 1 つの場所への TCP/IP 接続として使用されている場合、もう 1 つのチャネルはその遠隔地への FAX の送信に使用されます。

ここでは、音声、データ、ビデオ、その他のネットワーク サービスをデジタルで送信できます。これにより、アナログ電話と比較してデータまたは音声の品質が向上します。アップストリーム方向とダウンストリーム方向で 128 Kbit/s の帯域幅の記録を打ち立てます。

簡単に言えば、昔ながらの固定電話のアップデート版です。さらに、デジタル回線にいくつかのデジタル機能を追加して、従来の銅線電話回線をさまざまなデジタル チャネルに変換します。

ダイヤルアップ接続

ダイヤルアップ接続は、アナログ モデムと標準の電話回線を使用して 56Kbps の速度でデータを転送する、単純な形式のインターネット アクセスです。このプロセスは最も低コストですが、最も遅い接続モードでもあります。

このタイプのネットワーク接続では、電話回線をコンピュータのモデムに接続し、もう一方の端を電話ジャックに差し込む必要があります。次に、ISP から提供された番号にダイヤルして、コンピュータを設定できます。

コンピュータとモデムがあれば、すぐにダイヤルアップ接続をセットアップできます。外部モデムまたは内部モデムを使用しますが、どちらもコンピュータ上のソフトウェアで制御できます。また、ISP に一連の電話番号を提供してもらい、それらの電話番号を使用してインターネットに簡単にアクセスできるようにすることもできます。

DSL

デジタル加入者線 (DSL) は、従来の電話回線を介してブロードバンドまたは高速インターネット接続を提供するネットワーク接続方法です。 1980 年代後半、Bell Communications Research, Inc は、アメリカの通信ネットワーク上でのブロードバンド信号の実現可能性を調査しました。 1990 年代初頭に、高ビットレート DSL が初めて導入されました。

DSL を使用する利点は次のとおりです。

  • インターネット接続を開いたまま、電話回線を音声通話に使用できます。
  • 速度を比較すると、DSL を使用すると通常のモデムよりもはるかに高い速度が得られます。
  • 新たな配線は必要ありません。電話回線を使用できます。
  • DSL サービスを提供する会社は通常、設置の一部としてモデムを提供します。

VPN

仮想プライベート ネットワーク (VPN) は、プライベートにオンラインを維持できるサービスです。パブリック ネットワークを使用するときは常に、すべての通信とデータにプライベート トンネルを提供することで、インターネットとコンピュータの間に暗号化された安全な接続を確立します。

VPN は IP アドレスを隠し、タブレット、コンピュータ、またはその他のデバイスと VPN サーバーの間に安全な接続を確立します。その結果、誰もあなたのオンライン活動を覗き見したり、IP アドレスを悪用して追跡したりすることはできません。このように、VPN はあなたのアイデンティティを保護し、データの安全を確保します。

VPN には多くの利点があり、プライベート ネットワークの機能、管理、セキュリティが向上します。また、地理的制限など、何らかの理由でパブリック ネットワーク上ではアクセスできないリソースに簡単にアクセスできるようになります。さらに、そのような制限を回避して、どこにいても、あらゆるサイトからコンテンツを配信できます。

モバイル (3G、4G、および 5G)

携帯電話やスマートフォンは地球上で広く使用されているため、モバイル ネットワークについては誰もが知っています。

モバイル接続とは、世界中の広大な土地に広がる通信ネットワークを指し、基地局またはセル サイトとして知られるトランシーバーを介してワイヤレスで接続します。これは古い無線信号と同じように機能します。つまり、赤外線や光波を含む電磁放射にも依存します。

モバイル ネットワークは、どこにでも持ち運べる物理デバイスで有効になります。モバイル デバイスは、電話に電力を供給するバッテリーで構成され、特定のタイプのネットワーク接続 (3G、4G、または 5G) をサポートします。 3G、4G、5G という用語はインターネットの速度のみを指し、「G」は携帯電話技術の世代を意味します。

さらに、この世代の数は、彼らの能力とさらなる研究に応じて増加します。たとえば、世代が改良されると、速度の向上が期待でき、その結果、遅延が低くなります。 2G モバイル接続しかなかった時代のことを考えてみましょう。次に、速度が向上した 3G が登場し、さらに速度と機能が向上した 4G と 5G が登場しました。

無線

ワイヤレス ネットワークは、特定のネットワークのノード間で無線周波数接続を使用するコンピュータ ネットワークとして説明できます。これは、企業、通信ネットワーク、家庭で一般的に使用されています。

ここでの主な目的は、ユーザーをコードから解放することです。また、座席エリアの位置を移動したり変更したりすることもできます。ワイヤレス接続は、イーサネット ケーブルの逆の方法です。無線MAN、無線LAN、無線WAN、無線PANの4種類があります。これらは、範囲、接続性、およびサイズの要件によって異なります。

ブルートゥース

Bluetooth は、短距離無線技術を使用したシンプルなネットワーク接続方法です。これにより 2 つのデバイスが接続されます。

  • モバイルからモバイルへ
  • モバイルからPCへ
  • モバイルからラップトップへ
  • タブレットからPCへ
  • モバイルからタブレットへなど

さらに、Bluetooth は、2.402 GHz ~ 2.48 GHz の ISM 帯域と UHF 電波を使用して、2 つのデバイス間で短距離でデータを交換します。 Bluetooth と WiFi はどちらも短距離無線テクノロジーですが、いくつかの違いがあります。 WiFi は主にデバイスをネットワークに接続するために使用されますが、Bluetooth はデバイス間でインターネットやデータを共有するために使用できます。

衛星

衛星ネットワーク接続方法は、現代の世界で比較的高速なインターネット接続を提供する、広く使用されているインターネット サービスです。これは、ブロードバンド接続用に設計および最適化された新しいブロードバンド衛星ネットワークとしてマークされています。

衛星ネットワークでは、インターネット サービス プロバイダーが宇宙の衛星にファイバー信号を送信します。次に、衛星はモデムに接続されているパラボラアンテナに信号を送り返します。この接続では速度が向上し、ほとんどの場合、価格が安くなります。

結論

現代の世界には、ネットワーク接続のオプションがたくさんあります。有線であろうと無線であろうと、各テクノロジーには独自の利点があります。したがって、最適なネットワークを取得するには、ニーズに基づいて組織に最適なネットワーク接続方法を選択してください。

コンピュータ ネットワークの世界の初心者の方は、コンピュータ ネットワークの概要に関するこの記事を参照してください。

「知っておくべき 10 の一般的なネットワーク接続方法」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

Windows10: ネットワーク接続の問題を解決
【初心者でもできる】無線LAN(WiFi)によるインターネット接続方法 – パソコンやワイズのパソコン初期設定マニュアル –